〈やるべき事〉―12月編―【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 12月 2日 〈やるべき事〉―12月編―【東進ハイスクール町田校】

みなさんこんにちは!
東進ハイスクール町田校
1年担任助手芦田隼高です。
現在私は埼玉大学工学部建設工学科に通っています。
12月に入り、とうとう2017年も終わりが近づいてきました。
本当にあっという間ですね。

さて、今週は「12月にやるべき事」というテーマでブログを更新しています。
昨日は井上柚希先生が更新していましたね。
基礎基本の徹底はできていますか?
気になる人はこちらをチェック!!
こういうテーマで内容を考えるとき、
「もっとこうしておけばよかったな」
なんて
大学生になった今もよく考えるものです。
ということで本題に入りましょう。
12月にやるべき事でしたね。
それはズバリ...
①冬休みの課題を終わらせること
②苦手・弱点を復習し補強する
この2つです!!
②は①が終わってからの話になるので、
まずは①から順に詳しく話していきますね。

【①冬休みの課題を終わらせる】
この話は高1、高2生向けになるかもしれませんね。
ところでみなさん、
出された課題はちゃんと計画的にやる人ですか?
それとも貯めに貯めて前日に根性でやりきる人でしょうか?
(私はどちらかというと貯めてしまいがちな人でした(笑))
それはさておき、ここで大切なことは、
年内に終わらせることです。
これはなぜかというと、
年内の方がモチベーションが高いからです!
年内に課題を終わらせると、年末年始ですね。
楽しみではありませんか?
家族でゆっくり過ごしたり、出掛けたり。
そんな、頑張った自分にご褒美があると自然とやる気が出てきますよね?
「でも、期限が迫った方が集中して課題に取り組めるしな~」
と思ったそこのあなた!!!
それではダメな理由があるのです!
その理由とは...
課題をすることがただの作業になってしまう事です。
どうせ課題をやるのであれば楽しく、自分の為になって欲しくないですか?
今の時期から勉強を作業とか、
嫌なものという風に思わないようにして下さい!
嫌なことはそう長くは続けられません。
受験生になった時、
勉強に対する抵抗があってしまっては
相当なビハインドになってしまいます。
そうならないためにも、
ご褒美があって、
モチベーションが高い状態で
課題に取り組む方がよっぽど楽しいと思います!
ぜひ、年内に片付けてしまって、
スッキリとした気持ちで
良い年越しを過ごして下さい!

【②苦手・弱点を復習し補強する】
課題が終わって自由になった後にやるべき事は、
苦手を克服することです。
これは受験学年においてもそうですね。
人によって苦手な科目というものはあるのではないでしょうか。
受験生の皆さん、
そんな科目でしっかり
アウトプットの練習はできていますか?
インプットに時間が取られ過ぎてしまって
自分で答案を再現する訓練は十分にできていなかったりしませんか?
もちろん十分な知識が頭に入っていないと
アウトプットはできません。
ですが、入試ではアウトプットできるかを聞いてきます。
基本的な問題からで良いので、
アウトプットの訓練も取り入れることをお勧めします。

これは高1、高2生の人にも言えることで、
勉強に抵抗を感じてしまう原因の一つに
「苦手科目がある事」
が挙げられます。
苦手がない状態で受験学年を迎えた方が
絶対に勉強に対する嫌なイメージは無くなると思います。
なので、冬休みの課題が終わった後は
苦手科目の補強に時間をかけて行きましょう!

最後に少しだけ
「やるべき事をやり遂げるコツ」を
紹介して終わりにしたいと思います。
長期的な目標を達成する時は特にそうなのですが、
最終的なゴールを見据えて
短期的なゴールをこまめに設定するのが良いと思います。
よく「困難は分割せよ」なんていう言葉を耳にしますよね。
そのためにも12月の今のうちから勉強計画と
ノルマを定めておきましょう。
特に来年受験学年を迎えるみなさん、
ライバルと差をつけるなら今ですよ!
受験学年になって、自分が本気になる時、
周りのライバルたちも同じように本気になって勉強します。
「“今”だからこそできること」を
一回考えてみてはいかがですか?

東進では現在冬期特別招待講習を実施しています。
12月10日までにお申し込みいただければ、
3講座で合計15コマの授業を無料体験ができます。
この機会にぜひ校舎にお越しください!
スタッフ一同心よりお待ちしております。
詳しくは下のバナーをクリック!!