【必見】理系を目指す皆さんへ | 東進ハイスクール町田校|東京都

2017年 9月 22日 【必見】理系を目指す皆さんへ

こんにちは!担任助手の高橋賢です。

だんだんと涼しくなって、秋を感じますね・・・

私は今、東京工業大学の4年生なのですが、先日無事大学院試験に合格し、東京工業大学 情報理工学院数理・計算科学系に来春から通うこととなりました!

長い名前ですよね。簡単に言えば、ITの力で世の中をつくる事を目指して勉学に励んでいます!

 

さて、理系の道の進もうと考えている皆さんは、どのくらい大学について知っているでしょうか?

今日は理系のみなさんに有用な「大学の選び方」の話をざっとしたいと思います!

 

1. 大学に入りたいのは、なぜ?

皆さんは志望校をどのように決めますか?偏差値、通いやすさ、雰囲気等々・・・色々な軸があって大丈夫だと思います。

でもここで一番大事なのは「大学に入って何をしたいか?」ということです。

「大学は人生の夏休み」「大学生のうちに遊んでおきな」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。

確かに、友達と色んなところに行ったり人生経験を積むことは非常に大事です。むしろしたほうがいいです。笑

しかし気をつけなければいけないのは、それを中心にしないことです。

中心はあくまで「何のために大学に入ったの?」という問いの答えになるようにしましょう。

漠然でも、大それた事でなくてもいいです。「あ、これ良いかも」程度のきっかけでも「頑張れそう」と思える道を探しましょう。

 

2. やりたいことが見つかる大学選び

「大学でやりたいこと」を(漠然でも)決まったら、今度は「どの大学がいいか」という段階になります。

そこで大事なのが「その大学は何をやっているのか?」ということです。

偏差値や知名度にとらわれず探すことがポイントです。

世間全体のイメージや知名度と、その分野でのイメージや知名度が異なる場合が多いです。

ここで「自分にとって魅力的な大学」を探すポイントは、アドミッションポリシー研究室を見るということです。

アドミッションポリシーや教育方針を見れば、その大学の授業全体の雰囲気をつかめるはずです。

そして研究室は理系にとって絶対に通る道。しかも、一番濃い大学生活が待っています。

その選択を後悔しないように、あなたにとって一番「面白そう」だと思う選択肢を選びましょう。

 

そのほかにも「大学1年生から意識すべきこと」「大学院の話」もしたいのですが、次の機会にお話しますね。

さて、ここまで見て、自分で大学選びをできそうですか?

「何のために大学に行く=何のために受験勉強をするのか」を、考えられましたか?

町田校では、毎日体験授業・個別面談を受け付けています。

受験勉強を本格化したい人だけでなく、将来に不安があったり漠然をしていて相談したい人も大歓迎です。

興味のある方は、下のバナーをクリックしてください!お待ちしています!