センター試験で目標点を取る方法(歴史系編) | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 8月 10日 センター試験で目標点を取る方法(歴史系編)

こんにちは!立教大学文学部史学科に通っています、荒田太亮といいます。

暑いですね…。皆さん、夏バテしていませんか?最近、セミの声が懐かしい時期が過ぎてしまって、疎ましくなってきましたね。しかし、夏はまだまだこれからです!気を引き締めて頑張って行きましょう!

さて、本題に移りましょう!本日のテーマはセンター試験で目標点を取る方法(歴史系編)です!

皆さん、センターの勉強は順調に進んでいますか?「僕は、私は私立の大学しか受けないからセンターはいいや」と言う人も多いかもしれません。ですが、夏にセンター試験の対策をしないと、秋からの私大対策に非常に影響が出てきます!なぜなら、センター試験は教科書のレベルを逸脱しないはずだからです。つまり、センターが解けなければ教科書より難しい私大の勉強ができることはないのです。

では、具体的には何をすればいいのか?今回は、センターの対策の上で結構苦労するであろう地歴の世界史、日本史分野の話をしたいと思います。この科目は、どちらも夏までにいかにしっかり一周をこなすかにかかってきます。しかし、ただ一周するのは時間が勿体ないです。ここでは、地図と流れの確認をしっかりやれるようになってほしいです。なぜなら、多くの生徒がここで失点してしまうからです。ですが、流れをやってと言われても難しいと思います。一番効率の良いのは、この事件がどうして起こったのかを説明できるようにする事です。歴史は必ずつながっています。この繋がりを完全に理解できるようになるには説明できるようになるのが一番です。歴史の事件がどうしてこうなったか、その後どうなるか、ここを意識しているかないかでセンターの点は大きく変わっていきます。地図は、とても覚えるのが大変だと思います。しかし、センターの地図は滅茶苦茶難しいというものはあまりありません。なので一周をやるうえで何がどこで起きているのかをしっかり意識できるとセンターの問題は点が伸びていくはずです!

この点を意識してやるとセンターのこの科目の効率は上がっていくと思います!頑張ってやってみて下さい!

ところで皆さん町田校についてどれくらいご存じですか?町田校では、紹介動画を掲載しています!是非のぞいてみて下さい!

動画のリンク先はコチラです!