センター過去問演習 理科社会攻略法 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2017年 5月 22日 センター過去問演習 理科社会攻略法

皆さんこんにちは!!
町田校担任助手の柴崎です。
自分は現在早稲田大学法学部に通っています。

本日は今、ホットな話題のセンター過去問演習、特に皆さんが演習の仕方に悩んでいる

理科社会科目についてアドバイスしたいと思います。

ところで確認ですが皆さん、センターの過去問演習はどれくらいやればいいか知っていますか?

(町田校の生徒はもちろん分かっていますよね?!)

 

正解は10年分×3周を目標にやります!!
(8月末までに2周、12月からセンター試験までの間に1周)

 

ペースとしては8月末まで残り14週間あるので1週間に1年もしくは2年分やれば間に合う計算になっています。

英語数学国語については基礎が完成していてすぐに過去問演習に入ることができると思います。

ただ、理科社会についてはまだ全範囲やっていなかったり、

しっかりと理解出来ていない分野・範囲があるという人が多いのではないでしょうか?

そんな人にはオススメの学習法があります!

 

①受講や参考書等で全範囲の学習を終える。
(遅くても7月中には全範囲の学習を終えよう!)

 大問分野別演習で学習の終わった範囲から演習を始めていく。
(過去問演習講座を取っていない人は問題集や一問一答でやる。)

 

②過去問を1年分解く。

③間違えたところ、苦手なところを復習する。
(過去問演習講座を取っている場合は解説授業も見てみよう!)

 

④間違えたところ、苦手なところを大問分野別演習で再度演習する。
(過去問演習講座を取っていない人は問題集や一問一答でやる。)

 

⑤次の年度の過去問にチャレンジ!!

 

以上の流れで進めていくことができれば無理なく演習を進めていくことができると思います!!
次のセンター試験本番レベル模試に向けてどんどん演習を進めていきましょう!!

 

さてここでお知らせです!!
東進ハイスクールでは現在、部活生特別招待講習を実施しています。
対象は部活を頑張っている・頑張っていた高校3年生です。
1講座(90分×5コマ)を無料で体験することができます。

高校3年生にとってはこれがラストチャンスです!!

本気で第一志望校合格を目指している人は下記のバナーから是非お申し込みください!!