二次の対策をしながら、演習あるのみ! | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 12月 19日 二次の対策をしながら、演習あるのみ!

みなさんこんにちは! 本当に寒くなってきたこの時期、 とても乾燥しています。 保湿を意識して、ウイルス感染を予防していきましょう!

さて、

もうセンター試験まで一ヶ月を切りました!

そわそわしてきますね! 受験するのが楽しみだっていう人もいるかもしれませんね笑

自分は九州大学法学部を志望していました。 九州大学の問題形式の特徴は 「圧倒的な記述量」 でした。(ちなみに早稲田大学法学部にも記述問題があります。)

センター試験はどうでしょう??? 「オールマークの試験」 ですね?

以上の事項より 「記述力を下げないためにも、一ヶ月前になってもセンター演習に偏ることなく、九大、早大演習もしっかりやっていこう」 と考えていました。 この時期は、 センター:2次私大=6:4 の比重を意識していました。 (比率は人それぞれのタイプがあります。)

それではここから、

自分のセンター演習の方法

を説明していこうと思います。 *英語 文法構文に弱かったので、 高速基礎マスター英熟語750と基本例文300をやりつつ 文法問題集で文法力を鍛えていました。 ただ、長文問題は2次私大のみやっていたので、、、、 結果から言うと、自分はセンター英語は失敗してしまいました。 センター形式の英語長文もやったほうがいいです。

*数学

とにかく毎日演習。 数学は特に形式に慣れていくことが重要です。

*国語

時間配分を意識して演習を行いました。 毎日国語も演習し、感覚を慣らす作業を行っていました。 毎日やっていたおかげで、本番も余裕を持って解けました。

*地歴

世界史と地理でした。 地歴科目は、ある程度知識を詰めたら、問題演習あるのみです。 問題演習しながらさらに知識を詰めていきましょう。 選択肢を選ぶ際に、他の選択肢はなぜ違うのか、明確な理由を持って切れるようにしましょう。

*理科基礎

生物、化学です。 生物は楽しく暗記して、楽しく演習しましょう。 化学は問題演習あるのみです。 案外盲点になるのが結合方法や、元素の性質など。 mol計算や酸化還元は演習していけば規則性が見つかるはずです。

簡単にこんな感じです。 基本的に、全教科に毎日触れていました。 最短でも30分は各教科に触れられると良いと思います。

最後まで諦めずに、演習も妥協せずにやることが大事です。 自分は英語等、一部教科を挫折したので、結果的に失敗してしまいました。 国公立志望の人にはセンターでの失敗は致命傷です。 甘く見ず、とことん突き詰めていきましょう!

 

さて、ここでセンター試験同日体験受験のお知らせです。 受験生が解いた、解きたてほやほやの問題を その日のうちに解いてしまおう!という斬新な模試です。 受験の1~2年前から、本番のレベルを体験して、 本気で頑張っていきましょう!

お申込はこちら