人事を尽くそう!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 1月 9日 人事を尽くそう!【東進HS町田校】

こんにちは!

担任助手の髙橋雅史です!

上智大学理工学部機能創造理工学科に通っております。

 

電気電子工学を専攻することになりました。

 

しかし、機械工学の分野にも興味があるので、学問の壁にとらわれることなく二刀流で活躍できる社会人になりたいと考えています!

 

日本の基幹産業は自動車と言われています。

 

今後は電気で動かすモーターとガソリンを燃やして動かすエンジンの2つで走るハイブリッド車がメジャーになる世の中です!

 

学問の壁に囚われている場合ではありません!

 

たくさん授業を履修して、興味・知識の幅を広げて行きたいと考えています!

 

今年は次のステージ(大学院)へ向けて本格的に動いていける1年にしたいですね!

 

 

昨日の遠藤先生のブログはもうご覧になりましたか?

いいことがたくさん書いてありましたね!

 

 

昨日に引き続き、今週もセンター試験に挑む皆さんにメッセージを送りたいと思います。

僕からは、高校時代に出会った言葉を皆さんに送りたいと思います。

 

 

 

 

盡人事待天命

 

 

 

解釈


人事を尽くして天命を待つ

…やることをキチンとやれば必然と結果はついてくる。だから、やることをキチンとやろう。

こう解釈しています!

 

試験本番編

 

試験本番は人間の心理的に、いつもと違うことをやってしまいがちです。

模試の時は「今の実力を…」と行動できるのですが…

 

本番だとどうしても「一歩でも合格に近づいてやろう」と変な行動をしてしまうものです。

 

 

 

入試本番だから気合いを入れよう!といつもと違う格好

 

 

 

こっちの方が書きやすそうだからといつもと違うペンや鉛筆

 

 

 

なんとなくだけどいつもと違う些細な行動

 

 

 

こっちの方が微妙に早く着くかもしれないといつもと違う電車…

 

 

 

それらの行動って大体裏目に出てしまうものです…

微妙な行動で合格を引き寄せてやろうと言う心構えは自分の気持ちに反して逆効果です。

 

 

 

僕が伝えたいのは…

 

やるべきことをキチンとやっていつも通り行動すること!

その上で流れを自分に引き寄せて合格を勝ち取ること!

 

 

というものです!

 

町田校の生徒ならいつも通りやれれば問題ありません!!

 

頑張れ、受験生!

 

 

高校生活編

僕が最初にこの言葉を意識したのは高校の部活の時です。

 

 

やはり試合で勝てるようになったのは、「勝つために最大限努力しよう!」と練習できるようになった時でしたね。

 

 

気づいて以来、部活でも勉強でも、僕の努力の背景の裏にはこの言葉がありました!

 

 

 

数年後、早い人は1年後はセンター試験本番ですね!

 

 

今年はまだ受験生ではないという皆さん、振り返ってみてください。

 

 

 

「天命を待つ」ほどに誠実に「人事を尽くし」ていますか?

 

 

誰にでも胸を張って「努力をした!!」と言えますか?

 

 

もしこの世界に受験の神様がいるとしたら、努力を認めて君にほほえむでしょうか?

 

 

根拠のある自信を胸に本番に臨んだ者にこそ、「合格」の2文字があると思います。

 

本番まで、誰にも負けない努力をしてやりましょう!

 

 

一方、まだそんなに勉強できてないよ…なんて皆さん。

 

東進ハイスクール町田校は本物の努力ができる環境で皆さんをお待ちしています!

一度校舎にきてみてください!

 

下のバナーからどうぞ。