今の時期やるべきこと!!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 5月 23日 今の時期やるべきこと!!【東進ハイスクール町田校】

みなさんこんにちは!!

町田校担任助手の柴崎翔です。

私は現在、早稲田大学法学部に通っています。

5月も下旬に差し掛かり、気温が高くなってきましたね….

体調管理も難しい時期になってくると思いますが、それも受験勉強の一環、気を付けてください。

さて、本日は「今の時期やるべきこと」についてお話ししたいと思います。

今週来週にかけてテスト期間であったり、受験学年の人は部活が引退間近であったりと忙しい日々が続いていると思います。がしかし、受験勉強においても今の時期はとても大切です。

受験の天王山と言われる夏休みまであと2ヶ月、また夏休み以降はいよいよ二次私大志望校別の対策がはじまり、
8月末までには基本であるセンターレベルの問題は全科目しっかりと解ける状態になっている必要があります。

それを踏まえて今の時期にやるべきこととしては以下のつが挙げられるでしょう。

 

①弱点・苦手分野の克服
 英・数・国については概ね基礎が完成していると思います。
その中でも、自身の弱点・苦手となっている分野については今のうちに克服しておきましょう。

 

②選択科目の完成
 これまでは英・数・国の主要科目を中心に勉強してきたため、理科・社会の勉強があまり
進んでいない人も多いと思います。
理科・社会についてもセンター過去問演習が必要なため、インプット(暗記)は早めに終わらせましょう。

 

③英・数・国のセンター過去問演習
 主要科目については概ね基礎が完成している人が多いと思います。
今までは単語・熟語の暗記等インプットをメインで勉強してきた人が多いと思います。
センター、二次私大にかかわらず、しっかりと点数を取っていくにはインプット(暗記)+アウトプット(演習)の両方が必要です。今まで詰め込んできた知識を実際の問題で使いこなせるように、基礎が概ね完成している主要科目については演習にどんどん取り組んでください。

 

④夏休みに向けての習慣づくり
 夏休みは1日最低15時間勉強時間を確保する必要があります。
いきなり、夏休みにそれだけ勉強するのは無理だと思います。
今のうちから夏休みに向けて、勉強習慣をつけておきましょう。

 

以上の4つについては英・数・国の主要科目の基礎が概ね完成していることが前提となっています。単語・熟語・文法など基礎中の基礎が覚えきれていない、理解できていないという人はまずはそちらから手を付ける必要があります。上記の4つはこの時期から取り組むことがマストなものですから、基礎中の基礎は早急に片づけましょう。

ここまで今の時期にやるべきことについてお話ししましたが、ここまでのお話は全体概要になります。各個人が上記4つについて、より細かく何をすべきか、どこに重点を置くべきかをしっかりと把握する必要があります。

把握に際しては、やはり模試を活用するのが一番有効だと思います。
本番さながらの雰囲気で問題演習に取り組むことで自身の弱点・苦手分野や注力すべき勉強がより明確になります。

東進ハイスクールでは6月17日(日)全国統一高校生テストを実施します。
全学年無料で受験できる模試になりますので、自身の勉強状況の把握のために是非、受験して下さい。

合わせて現在、高校3年生対象「部活生特別招待講習」を実施しています。
今の時期にやるべきことについてもっと詳しく知りたい人、部活を引退しこれから受験勉強に取り組む人等興味がある人は是非一度町田校に来てください!!

以下のバナーからお申込みができます!!