入試本番の秘訣 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 10月 6日 入試本番の秘訣

 

皆さんこんにちは!町田校担任助手2年の高橋です。今日も昨日に引き続き、センター試験本番のことについてお話します。

私は現在東京工業大学に通っています。国公立なので、センター試験はとても重要でした。

ずばり、センター試験で重要な事は2つ。

①友達とは必要以上に話さない。

②緊張するのではなく、わくわくするように日々勉強する。

以降は、これらについて話していきます。

まず1つ目。センター試験は学校単位で申し込むため、周りに友達がたくさんいます。もしかしたら、いつもの模試よりいるかもしれません。

模試の際には友達と解き終わった問題について色々話しているかもしれません。

でもそれは、本当に必要な事でしょうか?それより、次の試験について頭を切り替えるべきだと思います。

次に2つ目。わくわくするようにしましょう。こちらの方が難しいかもしれませんね。(笑)

私はセンター試験も二次試験も、緊張したことがありませんでした。その理由は

「自分の今までの勉強に自信があったから」

そして

「本番で何点取れるか楽しみだったから」

です。

こちらは一朝一夕で身につくものではありません。猛烈な努力と客観的な過去問分析の賜物です。「本番で最高得点を取ろう」とも常に思っていました。

 

今から具体的に本番のイメージが出来ない人もいると思います。私も今の時期は過去問は全然目標得点に届きませんでした。

受験勉強の秘訣は、プラス思考。「どうしよう」と考えるのではなく、冷静な分析と具体的計画により、「次はこうしよう」「いつまでにこうしよう」というビジョンを立てることです。そうすれば、例え演習の結果が悪くても、落ち込まずに次の点数が楽しみになりませんか?

日々の勉強には次があります。次を見つめて努力し続け、その結果を本番に出す。今までの努力の結果が本番の点数。

ほら、本番が楽しみじゃないですか?笑

大原則は「プラス思考」。そして、冷静な分析と猛烈な努力を惜しまず続ければきっと結果は出ます。

頑張れる時間も、悩める時間も、残りは長くありません。全力で考え、行動していきましょう。

 

さて、東進ハイスクールでは10月25日(日)に高校1,2,3年生向けに全国統一高校生テストを無料実施しています。

練習でしない事は本番では出来ません。限られた模試の中で「本番で結果を出せるようにするにはどうすればいいか」を考えましょう。

 

お申し込みはコチラ