受験の失敗談ver.中村 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 8月 23日 受験の失敗談ver.中村

さあ、いよいよ明日がセンター試験本番レベル模試ですね!

緊張していますか?

皆さん思う存分力を発揮して欲しいです。

こんにちは。東進ハイスクール町田校担任助手の中村です。

本日も引き続き「受験時代の失敗談」についてお話していきます。

今振り返るとこうしておけば、良かったなと思うことは二つあります。

①英語の音読を怠ったこと

私は、夏休みを活用して朝から音読会→高速基礎マスター→長文読解→音読といった流れで毎日英語に触れていました。
その中でも特に音読に力を入れていました。
その結果八月のセンター試験本番レベル模試で自己最高点を取りました!
その結果に満足して「このままいけば、絶対英語は大丈夫。」と変な自信を持ってしまい、それ九月以降は毎日、高速基礎マスターには触れていたものの音読は夏ほど時間を確保せずに過ごしていました。
その後の結果はお分かりですよね。
そうです。次の模試では英語の点数が大幅に下がってしまいました。

この経験から皆さんに言いたいのは、模試でどのような点数をとってもその結果に満足せずに勉強に励んで欲しいということです。

②優先順位を間違ってしまったこと

私は現在薬学部に通っているのも関らず化学が一番苦手な科目でした(笑)

化学は主に理論・無機・有機で構成されています。
その中でも特に計算中心である理論化学が苦手でした。

そのため苦手な理論は後回しにして無機・有機ばかりに力を入れて勉強していました。
しかし、理論は化学全ての土台であるためその勉強は明らかに正しくないものでした。

その結果、最終的には得意科目となりましたが入試直前まで化学の点数が伸びずに不安な思いをしました。

間違ったやり方と優先順位をつけて勉強できなかったために、最短距離で点数を伸ばすことができなかったですし他教科の勉強時間をしっかりと確保できずに受験でも思うような結果は得られませんでした。

何が言いたいのかというと、受験の失敗談を知った皆さんは同じことを繰り返さないようにして欲しいということです!

夏期特別招待講習を受講してくださっていたみなさん、
この夏の頑張りを、これからも東進ハイスクール町田校で続けていきましょう!
8月末までは入学金が半額になります!
僕たちと一緒に頑張りましょう!

お申し込み込みはコチラ