受験現代文に必要な知識 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 4月 24日 受験現代文に必要な知識

こんにちは
町田校担任助手の秀です。
私は、現在早稲田大学の社会科学部に通っている3年生です。

気付けば4月もあと1週間、GWも徐々に近づいてきていますね。
皆さんはGWの計画などは考えていますか?

まだの人は計画をしっかりと立て、充実したGWを過ごせるようにしましょう!

さて、本日は「大学受験現代文に必要な基礎知識」について少しお話しをしたいと思います。

突然ですが、皆さんは英語の長文を読むために、どのような知識が必要だと思いますか?

高校3年生の皆さんならきっと、単語・熟語・文法の知識を身につけていると思います。

また古文でも読解のために、単語・助動詞などの文法・古文常識などの知識を身につけていると思います。

では、現代文はどうですか?
現代文も読解がメインですが、日本語であるためか知識を身につける必要があると考える受験生は少ないように思います。

たしかに大学受験現代文は、日本語で書かれた文章の読解がメインです。
しかし、センター試験を始め、多くの大学の入試問題には漢字や語彙などの知識を問う問題が出題されます。

また、大学入試の現代文は抽象度が高いため、語彙力が不足していると「読んでも何を言っているのかわからない」という状態に陥ってしまう受験生も多いです。

以上のような理由から、現代文でも最低限「漢字・語彙力」の知識を身につける必要があるのです

それぞれ市販の参考書を用いても良いし、学校で配布されている漢字の参考書や国語便覧なども非常に役に立つと思います。

高3の夏以降に焦らないように、今のうちから「漢字・語彙」の知識をつけましょう。

さて、東進ハイスクールでは4月20日(水)より
「部活生特別招待講習」の申し込みが始まっています。

部活生特別招待講習では、今部活を頑張っている高校3年生と、高3で部活を引退した高校3年生を対象に、東進の講座を1講座分(90分×3~5回+講座修了判定テスト)無料で体験できます。

部活が忙しくてなかなか勉強ができていないという高3生の皆さんには、東進の授業を無料で体験するチャンスです。
皆さんのお申し込みをお待ちしています。