合格につながる復習を!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 5月 20日 合格につながる復習を!【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

 

東進ハイスクール町田校

担任助手の井上柚希です。

 

現在は立教大学経済学部に通っています。

 

さて今週のお題は「記述模試の復習法と活用法」ですが

 

なぜ記述模試があるの?

 

東進には

マーク形式であるセンター試験本番レベル模試

記述形式である難関有名大模試・東大京大模試などがあります。

 

今回の記述模試はセンター試験の後の

二次私大に向けた模試になります。

 

二次私大は記述が主なので、

マーク模試の4つの選択肢の中から答えを探すような

解き方ではなく

1から答えを導きださなければいけません。

 

そのため、いつもの模試よりも難しく感じて当然です!

自信をなくす必要はありません。

 

大切なのは次につながるように

今回の自分を振り返ることです!

 

僕が生徒だった頃も難関有名大模試がありました。

その時に担任助手の先生に言われたことなのですが、

 

記述模試はどれだけ点数が取れるか

ではなく

解ける問題をどれだけ落とさずに解けるか

を試す模試だ。

 

と言われました。

 

先日の芦田先生のブログでも言っていましたが、

 

基本問題を確実に解いていけるかが

他のライバルとの差になってきます。

 

 

さて、

今回の難関有名大を思いだしてみてください。

 

大問12などの長文は難しかったと思います。

ですが、大問45はどうでしょう?

 

基礎的な文法問題でしたね。

 

ここを落とさずに解けるかが最終的な得点の差になってきますよ!

 

 

皆さんもう復習しましたか?

難しくて復習する気になれない・・・という人もいると思います。

 

ですが先ほどもいいましたが、

 

この記述模試は二次私大にむけた模試です。

センター向けの問題ばかりを復習しても、

最終的な二次私大の問題が解けなければ本末転倒ですもんね。

 

まずは文法問題や長文問題のなかにある

基本問題を復習するところから始めていきましょう

 

さて、難関有名大記述模試が終わったら

次は全国統一高校生テストがまっています!

 

この全国統一高校生テストは

マーク模試になります。

この全国統一高校生テスト無料で受けることが出来ます!

自分が全国で何番目にいるか知るチャンスですので、

気軽にお申込みください!

 

詳しくは下のバナーをクリック!