合格を知った瞬間【高橋】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 1月 30日 合格を知った瞬間【高橋】

 

こんにちは!町田校担任助手の高橋です。

今日は前回に引き続きこのテーマをお話ししたいと思います!!

 

私は、受験生の時に第一志望であった今東京工業大学に通っています。

東工大以外にも、芝浦工業大学、明治大学、東京理科大学、早稲田大学なども受験しました。

上記の早稲田大学以外は受かりましたが、本当は自分が何をしたいか真剣に考えた結果、「東工大が受からなかったら浪人する。」という決意をして、滑り止めを全て蹴り背水の陣で東工大の入試に臨みました。

手応えは結構あり、受かるかもしれない、と少し自信があったものの、例年より易化しているといわれていたので皆できていると思うと不安でもありました。

そして発表日、大学ではなく、家でHPで確認をしました。

 

飛び飛びの合格番号。自分の番号を発見しました。自分の前後10人の番号は飛んでいて、ポツンと表示されている自分の番号。

私は何度も見間違いじゃないかを確認しました。

家で合格を知ったので、親にすぐ伝え、一緒にとても喜んでくれました。東工大に受かることが出来て、親孝行できたと実感しました。

 

合格を喜ぶのは自分だけではなく、周りの友達や先生、そして親です。親と一緒に喜べたときが、一番合格を実感できた瞬間でした。

自分の夢のためだけでなく、周りの期待にも応えられるように、絶対合格を目指しましょう!!

 

 

さて、今東進では新年度招待講習を実施しています。

無料で東進を体験できる絶好の機会。高校2年生の皆さんはもう一年を切っています。

今すぐスタートを切りましょう!!

 

お申込みはコチラ