夏休みの戦略をたてよう!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 6月 11日 夏休みの戦略をたてよう!【東進HS町田校】

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール町田校3年の佐藤優成と申します。

私は青山学院大学社会情報学部に通っております。

 

梅雨、ですね。

じめっとした空気が漂い、憂鬱な気分になりがちな時期ですが元気に勉強していってほしいと思います!

 

この時期と言えば高校1,2年生はそろそろオープンキャンパスの情報が出始めますね!!

私も学部ブースの準備を進めているところです…

興味があったら社会情報学部のブースにきてみてください!!

 

さて、今回で一週間続いている「6月から8月の勉強に向けて」というテーマもラスト!

ほかの担任助手のみなさんが、「こういうことをやっておこうね!!」という話をしてくれています。(ここ一週間の記事も要チェックですよ!!)

 

私からは、それをやり切るためのヒントを話したいと思っております。

 

なんだかんだいって忙しいことの多い高校生、宿題・勉強・部活・委員会などなど…

それ以外にも多くのやりたいことがありますよね。

 

どうせなら、やりたいこと全部やりましょう!

 

勉強も部活も自分の趣味も、圧倒的に時間が取れるのは夏休みです!

今から夏に向けてやっていくこと、夏に時間をかけてやりたいことを明確にしましょう!

 

そしてそれを夏休みの戦略としてまとめあげ、充実した夏を迎えてみませんか?

 

戦略を考える上でで、大事なポイントが2点あります!

➀ 目標(=ゴール)の設定

② やり切ること

 

それぞれについて話していきます。

 

➀ 目標(=ゴール)の設定

 

勉強・部活・趣味どれにも共通する質問をします。

「みなさんはなぜそれをやりたいと思ったのですか?」

もっといえば、

「それを通してみなさんはどうなりたいと思っていますか?」

 

「なんとなく・・・」と答える方も多いと思いますが、この機会によく考えてみて下さい。

 

例えば勉強だと「第一志望に合格したい」というのが、大きな原動力の一つになっていることが考えられます。そこから考えて、それを達成するためには今年の夏が終わった時、どのような状態になっていればよいかを想像してみて下さい。

 

次にそれを達成するためには、何をすればいいか考えてみて下さい。

そうして出た考えは「なんとなく」やるものではなく「目標を見据えて」やるものになっているはずなので、より質の高い内容になっていると思います。

 

まずは、目標を立ててみる!実践してみてください。

 

② やり切ること

 

さて、目標を立てて計画作った後、みなさんはどうしますか?

 

「実行」ですよね。

 

ただ、計画を立てただけでは成果は出ません。

 

かのピーター・ドラッカーは言いました。

 

「行動なくして成果なし、成果はすべて行動の結果である」

 

自分で立てた計画を実行し、自分にものにしていかないとせっかく考えたものも意味がなくなってしまいます。

 

今までの自分の人生を振り返って、「これは頑張った」と言える経験はあるでしょうか?

勉強・部活・趣味なんでも大丈夫です。

 

なぜそれは頑張ることが出来たのかを分析し、今頑張りたいことに向けることで、やりきる体験を積み重ねていってほしいと思います。

 

さいごに

 

これから先、やりたいこともやるべきことはたくさん出てくるはずです!

計画し、実行するというものを徹底し、欲張って全部こなしてしまいましょう!

 

う~ん、でもいきなり考えるのは難しいなあ」と感じているそこのあなた!

 

ぜひ町田校に来てみて下さい!一緒に考えましょう!

 

また、東進ハイスクールでは6/17に全国統一高校生テストが行われます!

高校生は無料で受けられますのでぜひぜひお申し込みください!

 

このテストをきっかけに夏休みの戦略をたててみませんか?

みなさんに会えるのを楽しみにしております。