夏休みの1日の過ごし方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2016年 7月 26日 夏休みの1日の過ごし方

こんにちは
町田校の清水祐作です。

学校も夏休みに入った人は多いと思います。

夏休みは受験生にとって、「受験の天王山」とも呼ばれている程とても大切な時期です。

そこで、今回は夏休みの1日の使い方について話をしたいと思います。

夏休みは受験生は学校が無いため、まとまった時間を確保することのできるとても大切な時なのです。

受験生の夏休みは1日15時間勉強です。

1日15時間勉強を行う時間を取ることはとても大変です。

しかし、8月1日から町田校では朝6時半開始で30分間、音読会を行います。

この音読会に出て、校舎の閉館までしっかりと集中して勉強し、帰宅後に復習等を行えば15時間になるのです。

自分が受験生の夏に行っていた1日の使い方は

6時半 音読会
1限  受講
2限  復習
3限  センター過去問
4限  復習
5限  センター過去問
6限  復習
7限  センター過去問・単語
帰宅後 復習

このように過ごしていました。

各自、自分が行わなくてはならないことから考えてみて下さい。

1日1日を無駄にすることなく、夏休みを有意義に過ごして下さい。

さて、東進では今高校1,2年生向けに夏期特別招待講習を実施しています!
大学受験に向けてどうスタートを切ればいいか分からない、という人は是非足を運んでみてください!
校舎より、心からお待ちしています!