大学と高校の違い② | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 12月 2日 大学と高校の違い②

こんにちは!
東進ハイスクール町田校、担任助手の大塚友彰です!

今日は先日に引き続いて僕が思う「高校生と大学生の違い」についてお伝えしたいと思います!

僕が大学生になって一番感じた高校生との違いは「勉強」の種類の違いです。

高校生にとっての勉強は受験勉強や学校のテスト勉強など座学が中心で大学に入学してからの専門的な内容の為に基礎を身に付けるための内容が多いです。

一方大学では知識としての勉強だけでなく、実際に社会に出た時に必要になるようなより実践的な知識を付けていきます。

つまり、大学生の勉強はテストのように数値で評価していくものではなく、社会に出て使えるようになっているかどうかが試されます。

みなさんは大学というとどのようなイメージを持っているでしょうか?

大学は高校と違ってやってもやらなくても何も起きません!

つまり、自分で何かを考えて行動することが最も大切です!

みなさんも将来大活躍する人財になるために自分で考えて、行動する大学生になりましょう!
大学での活動の可能性は無限大です!

また、予備校を探し始めた高校1・2年生のみなさん!
まずは冬期特別招待講習をで、第一志望校合格に向けて最高のスタートダッシュを切りましょう!

お申し込みはコチラ