大学の文化祭【早稲田大学】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 10月 29日 大学の文化祭【早稲田大学】

こんにちは!町田校担任助手の木庭です。

今日も昨日に引き続いて大学の文化祭について紹介したいと思います。

 

早稲田大学の文化祭と言えば…? そう、「早稲田祭」です!そのままですね笑

今年は今週末の11月1日(土)、2日(日)に開催される予定です。

早稲田祭の一番の特徴は何と言ってもその規模の大きさです。何と2日間で毎年約16万人の方が来場します!この数字は1日あたり来場者数に換算するとディズニーランドの1日あたり来場者数に匹敵する規模で、当日のキャンパス内はどこも満員電車のように混み合っています。
また公認サークル、非公認サークル含め1000以上のサークルがあるともいわれる早稲田大学ですが、今年の早稲田祭の中で予定されている企画の数は約430企画で模擬店の数は約100店舗にも及びます。
今年の総予算は約2800万円で、このお金は大学から支給されているのではなく、全額を地元や企業の協賛、サークルなど団体の早稲田祭へ出店料や参加料等で賄われています。
学生だけでこの金額を2日間で動かしてしまう所からみても規模の大きさをうかがえると思います。

早稲田祭でおすすめなのは大隈講堂前に設置されるステージで行われる、企画やパフォーマンスです!特にダンス系のパフォーマンスサークルの3年生は早稲田祭のステージを最後に引退されるので演技にも一段と熱が入っています!見応え満載なのは間違いなしです!

とにかく早稲田祭は早稲田らしさを一番感じる事の出来る2日間だと僕は思います。僕は高2の時に早稲田祭に初めて行って、早稲田の規模と熱気に圧倒され早稲田志望にしたという経緯があります。ですから、まだ具体的な志望校が決まってない方は1度行って見る事をお勧めします。また受験生(高3)で学園祭に行くのも悪いことでは無いと僕は思います。時間の無駄と言う人もいますが、僕は高3のときも、特訓本科生の時も早稲田祭に行って早稲田へのモチベーションを高めていました。良い息抜きにもなるのでとてもおすすめです。でも、その日にやる事はしっかりと決めその日は全く机に向かわないという事が無いようには注意してくださいね。

ここでお知らせです。
東進では冬期特別招待講習の受付を開始しました!先週の全国統一高校生テストで思うような点が取れなかった方は、この招待講習で弱点を克服し、良かった人は招待講習で少しレベルが高めの講座を受講してみて、更なるレベルアップを図って行きましょう!

そして11月1日(土)には東進ハイスクール町田校にて数学科講師の河合正人先生による特別公開授業が実施されます! 19時から授業は始まるので、日中に早稲田祭を楽しんでも十分参加できますね(笑)
授業名は「センター数I•A序章」というもので、数学の勉強法など受験の為になる要素が詰まった授業となっています。皆さん奮ってご参加ください!お待ちしております!

冬期特別招待講習のお申し込みはコチラ

河合先生の特別招待授業のお申し込みはコチラ

町田校 木庭