大学受験で学んだこと 清水ver. 〔東進HS〕 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 1月 30日 大学受験で学んだこと 清水ver. 〔東進HS〕

こんにちは!

町田校担任助手の清水です!

東京農業大学 応用生物科学部に通っています。

まもなく2月ということで、多くの私立大学の一般入試が始まってきましたね!
皆さん今まで努力してきた成果を出してきてください!

さて、皆さんが今真っ只中にいる大学受験
今回はその大学受験を通して私が学んだことをいくつか紹介したいと思います。

 

①努力のハードルが上がった
皆さんもこの大学受験に向けて必死に日々努力していると思います。
1日15時間勉強であったり、今までにないほど集中して勉強などを行っていると感じませんか?

受験勉強を始める前には考えられないほど勉強の質と量が多くなっていると思います。
これを現在行えているのは自分の中の努力のハードルが上がっているからだと思います。

自分は今でもこの時の経験を思い出すと大学の勉強をまだまだ頑張れる!努力しよう!と思えます。

 

②自分と向き合える
皆さんも受験勉強をするときに志望校を決めたと思います。
どのようにして決めましたか?
人によって決め方はそれぞれあると思います。

自分が志望校を決めた時に
・将来どのような事がしたいのか
・自分の夢は何なのか
を考えました。
さらに「どのような事がしたいのか」を考えるために
・今興味のあることは何なのか
・どんな勉強がしたいのか
などを考えました。
自分の場合は食品関係に興味があったので、そこから食品関係を学ぶ事ができる大学を志望校に決めました。
このように普段考える機会の少ない自分の事について受験を通して考えることができました。

 

③勉強した内容が今後の生活に生かせる
勉強をしていてこんな事普段使わないだろう なんて考えている人もいると思います。
しかし、自分が経験してこの考えは間違っていたと気付かされました。
実際に受験を通して学んだことが無ければ大学の授業に苦労します。
高校までの知識は知っているという前提で大学の授業は進んでいきます。
それだけでは無く、皆同じようなことに興味を持って大学に来ているので日常会話でも専門用語などが頻繁に出てきます。

内容が分かる人であれば楽しい会話です。
また私生活でも様々な面から物事を見ることが出来るようになるので知識がかなり生かされます。

この様に一例ですが大学受験で得られることは様々あります。
この受験勉強を受験だけではなく様々な面で役に立つということを意識して今後も努力していきましょう!

 

現在、東進ハイスクールでは新年度特別招待講習を行っています。

ただいまお申し込みいただくと、2講座分の授業を受けることができます。

集中して勉強ができる環境で新年度へ向かう一歩を踏み出してみませんか?