当たり前のことをコツコツと! | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 11月 17日 当たり前のことをコツコツと!

こんにちは!

町田校担任助手の梶原です!
最近は気温の変化が激しくて、、、洋服選びに失敗しがちです、、、
一歩間違えると風邪をひいてしまいそうなので、気をつけたいです。

今日は、自分の東進 町田校生活に思い出をお伝えしたいと思います!
もちろん現在の東進 町田校生活ではなく、自分が生徒時代話です、、、

学校が受験を意識する雰囲気であったので、自分も受験に対しての決意を早期に固め、

高校一年生の全国統一高校生テストを機に東進生となりました。

吹奏楽部に所属し、日々ガッツリ楽器を吹いていたので、東進 町田校に入るまではあまり勉強をしていませんでした。しかし、東進の映像授業と高速学習という魅力的なシステムのおかげで、吹奏楽部を頑張りながら学力をあげていくことができたのかな、と今は思います。

自分は低学年の時代から東進で勉強していたため、始めの頃は学校の定期テストと東進の学習とに両立に悩まされていました。学校のテストがあると東進に登校する機会も減り、担当の先生に心配されることもありました。その時に担当の先生に教えてもらったこと、考え方で、今の自分にも活かされていると思うものがあります。

それは
「勉強は全てが繋がっているから、日々学習を積み重ねていけばなんの問題もない。」
というものです。当たり前のことかもしれません。
しかし、これを当たり前にできる人は少ないかと思います。

「勉強」というものにはたくさんの種類があります。
受験勉強、テスト勉強、資格のための勉強など。
どうしても、目的に応じた勉強、という形をとらないと、我々は積極的に学習できないものですよね。(例えば、二週間前だから定期テスト勉強、高校三年生だから受験勉強のように)

しかし、考えてみると、
高校の定期テスト勉強→受験勉強→大学の研究→資格の勉強・研究
というように全てが繋がっています。
例えば、英語は基本的な文法から難解の長文読解、英語のリスニングまで、全てが将来のTOEIC等の英語資格試験やグローバル化の中での英語能力に繋がってきます。
数学も、実は、就職活動や思考力の面では将来に関わってきているのです。

自分はこの件に関して早期に気付かせてくれた担当の先生に非常に感謝しています!
定期テスト勉強だからといって、無駄な暗記に走ったりおろそかにすることなく、また、テスト期間ではないからといって勉強はほとんどしない、という事態には陥らないように、日々コツコツ勉強していくことは大切なことだ、と、気付かせてもらった高校一年生の頃の私の東進 町田校での思い出でした。

自分このような気づきやアドバイスを皆さんに伝えられるように頑張ります!

さて、只今東進では冬期特別招待講習を行っています。
東進を体験、というだけではなく、この冬勉強習慣を付けたいという意欲ある皆さんの受講もお待ちしております。勉強にフライングはありません!なぜなら、勉強は全部繋がっているのだから!
是非町田校にお越しください!