徳満流模試の活用法 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 8月 27日 徳満流模試の活用法

みなさんこんにちは!!

東進ハイスクール町田校担任助手の徳満です。

今僕は明治大学理工学部数学科に通っています!

今回は「徳満流模試の活用法」というテーマで、自分の経験に基づいた模試の活用法を紹介し

たいと思います!!

模試は普段自分で勉強している演習を本番と似た緊張感で解くことができますよね。
更に自分の位置を知ることができるのが模試の最大の特徴だと思います。

そのため多くの人は「今の自分の力を試す・知る」という目的で受けると思います。

ですが、それだけで終わってしまってはいけません!

まずこれは当たり前かも知れませんが、模試の復習は必ずしましょう。
模試で解けなかった問題は、自分が苦手な単元だったり勉強した気になっていても実はあまり定着していなかったりする場合が多いです。
間違えた問題と、その問題と関連があるものを復習すれば苦手克服につながります!

ただ、間違えた問題だけを復習してもその問題しかできるようになりません。
必ずその周辺の内容も一緒に見直すことが大事です。

また、模試は一つの予想問題なので、受け終わった後は「一度解いたことがある過去問」としても活用ができます!!
過去問演習でいろいろな問題をやりたい時に模試の問題を解くのはオススメです。
1度解いたことがある問題なので、間違えた場合特に重点的に復習しましょう。

特に伝えたいことは
模試は実力を知るものではなく、実力を伸ばすものです!

模試を受けただけで終わらせないようにしましょう!!

9月27日に東進では
「難関大本番レベル模試」と「有名大本番レベル模試」を実施します。
志望校のレベルによって難関大か有名大かにわかれます。

模試の活用の内容もふまえて、是非受験してみてください!!

お申し込みはコチラ↓

難関大有名大