徳満流過去問の進め方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 12日 徳満流過去問の進め方

みなさんこんにちは!!

東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。
今僕は明治大学理工学部数学科に通っています。

そろそろ高3生は二次・私大の過去問をたくさん解いていくと思います。

なので今日は「徳満流過去問の進め方」を話したいと思います!!

まず前提になりますが、基礎力レベルは完成させておきましょう。
基礎的なことが理解できていないと、二次・私大レベルの問題を解いてもなかなか理解できません。
センター試験で自分の目標得点の80%位の得点を取れていると良いと思います。

進め方は
①解く
②採点する
③復習する

という基本サイクルです。
ただし、初めて解く時は、自分の実力がこの大学を解くレベルに達してないと感じても、できるところまで解ききりましょう。
自分のレベルと第一志望との差を知ることも大事です。
残された時間はとても少ないので、「解けるようになってから解く」のでは、受験まで間に合いません。
「解きながら実力を上げる」ことを意識していきましょう。

採点は、点数配分は分からないと思うので自分でやるのはなかなか難しいですが、どの問題ができていないのか・どの分野が苦手なのかはっきりと分かるようにしましょう。

一番大事なのは「復習」です。
解いただけだと傾向を知ることはできますが、実力アップにはつながりません。
一番時間をかけ、解く時と同じ位頭を使いましょう。
数学の例だと、できなかった問題を解けるようにするのと、「どこのひらめきが足りなかったのか」「どこが分からなかったのか」しっかり考え、どのような勉強をすれば克服できるのかしっかり考えましょう。

とにかく「質」にこだわりましょう。時間が限られている分、ここからの勉強は質が大事になってきます。
質にこだわるためには、今やっている勉強法が効率が良いのか・もっと効率が良い方法があるかを考えながら、優先順位をつけて勉強をしていきましょう

とはいえ、基礎力の完成が第一です。
東進では10/26(日)に全国統一高校生テストという最大規模のセンター模試があります!!

この模試はなんと無料で受験することができます!!

この日で基礎力の100%完成を目指してみてはいかがですか??

お申込みはコチラ