必見!!志望校の一番良い決め方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 5月 22日 必見!!志望校の一番良い決め方

 

こんにちは!町田校3年の高橋です。

まだ5月なのに、もう夏ですね…。暑がりの私にとっては暑くて大変な日々です。(笑)

まだ昼夜の寒暖差も激しいので、体調管理には気をつけてくださいね。

 

さて皆さん、志望校は決まっていますか?決まっている方、本当にその大学で良いんですか?偏差値/知名度だけで決めていませんか?

今日は、絶対に成功する志望校選びについてお話したいと思います。

①偏差値や知名度だけで決めない!

今の自分の偏差値や、なんとなく知っている大学だけで決めていませんか?もちろん、憧れや知名度で決める事もいい事はあります。将来就職活動の際に、知名度のある大学の方がインパクトがあり、覚えてもらえたりするものです。

ただ、それだけで良いのでしょうか?将来やりたいことによっては、知名度や偏差値が劣っていようと、魅力的に感じる大学もたくさんあります。

例えば、テレビでたまに「△△に詳しい○○大学の教授によると…」といった感じでその業界に詳しい教授が出てきていますよね。その教授、東大や早慶ではない他大学の教授の方が多く見かけませんか?

つまり、有名な大学だからと言って各界の著名人が集まっているわけではないのです。

偏差値や知名度だけで決めるのではなく、自分のやりたいことが出来る大学を見つけましょう。

 

②やりたいことができる大学って?

さて、①を踏まえて志望校決定を考えると、次の疑問が浮かびます。

「自分がやりたいことが出来る大学をどうやって探せばいいんだろう?」

それは、教授(ゼミ/研究室)をよく調べることにあります。

大学は、1,2年生は教養科目や広域科目と言ったような浅く広く学んでいく所がほとんどです。(医/薬学部等は例外ですが)

そして高学年になると、文系ではゼミ、理系では研究室に所属することになります。

そこで、自分が一番やりたいことを思い切り勉強できるようになります。同じ学部学科でも大学によって教授が違えば専門でやることも違います。

なお、「やりたいことが明確に決まらない…」と悩んでいる人は、まずはとにかく色々な分野を調べてみると良いと思います。

「面白そう」と思ったら勝ち!

それでも見つからない生徒は、大学で見つけるために「様々な分野を広く学べる学部」がある大学を探しましょう。

 

まとめると、

「なんとなく行きたいではなく、自分のやりたいことのために教授(ゼミ/研究室)を調べて4年間を充実して過ごせるような大学」

を見つけましょう。

 そしてその明るい大学生活のために、全力で努力する決意を固めましょう! 

 

さて、東進ハイスクール町田校では、6月18日(土)19時から英語科の大岩先生の特別公開授業を実施します。

受験英語が不安な方、有名講師の授業を受けてみたい方など、是非足を運んでみて下さい!

お申し込みはコチラ