想像は現実を昇華させる | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 11月 3日 想像は現実を昇華させる

 

 

 

こんにちは!町田校2年の高橋です。

2015年も後2か月ですね…。早い!

皆さんは2015年になる時に何かしら目標を掲げましたか?また、それを達成できそうですか?

私は「夢へ近づく努力をする」という事を目標にして頑張ってきました。少しは近づけたんではないかな~と思います。

2016年、何かしら目標を掲げて第一歩を歩んでみましょう!

 

さて、今日も昨日に引き続き「私の勉強の原動力」についてお話したいと思います。

私の勉強の原動力は「将来への期待」です。

 

私が高校生だった時は物理が大好きで、将来物理学者になりたいと思っていました。

問題を解くのが面白かったですし、相対性理論や超ひも理論などにも興味があり、将来研究してみたいな!とも思っていました。夢(無茶な野望でもありますが…(笑))ノーベル賞を取れたらかっこいいとも思っていました。

現在通っている東京工業大学の第1類も、研究者になるために志望しました。そういった「将来何をやってみたい!」「こんなことをしてみたい!」というのが私の努力の原動力でした。

自分の将来を考えるのってわくわくしませんか?私はやってみたい事がたくさんあったので、それを実現できると思うと想像するのが楽しくてたまりませんでした。

この原動力は入試本番でも活きてきました。
緊張は全くせず「何点取れるかな」「入試全勝するぞ」と意気込んで臨むことが出来ました。
結果として、私は第一志望の東京工業大学に合格することができました。

 

 

実は今、私の夢は物理学者ではありません。

社会の素晴らしさとITの世界に惹かれ、IT企業に就いて皆を驚かすような発明や会社を創造していきたいと思っています。

環境が変われば、夢は変わることもあります。大事なのは、今想像できる自分の未来に向かってどれだけ頑張れるかという事です。

皆さんの今の一番の目標は大学受験ですよね。

自分の未来のために、大学を真剣に考えて、今を努力してみましょう!!

 

東進ハイスクール町田校では、11/6(金)の19時から高校1、2年生向けに河合先生の公開授業を実施します!

テーマは「必要十分条件」。皆さんは得意ですか?
必要十分条件はセンター試験に必ず出てきますが、この単元自体は広くないため、コツさえ掴めば誰でも満点を取ることが出来ると思います。

河合先生はその必要十分条件のコツだけでなく、センター試験の話もしてくれます。

受験を1ミリでも考えている方は必見です!

お申し込みはこちら