担任助手になったきっかけ【大塚】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 23日 担任助手になったきっかけ【大塚】

こんにちは!
東進ハイスクール町田校の担任助手の大塚です。

今日は僕が東進ハイスクールの担任助手になったきっかけを紹介したいと思います。

僕が担任助手になろうと思ったきっかけは主に2つあります。

まず一つ目は自分の受験の結果が思うような結果ではなかったからです。

僕が大学受験をしたのは約3年前です。
今でも忘れることのできない国公立前期の発表日。

合格発表の受験番号の中に自分の番号がなかったとき、この一年間の努力を無意味に感じ、これまでの人生で感じたことがないほど悔しい思いをしました。

しかし、後期の試験を終えてもう一度自分の一年間を振り返ったときに常に自分のベストを尽くしてきたし、自分の周囲の人誰もが一年間本当に頑張っていたと言ってくれました。

そこでもう一度自信を取り戻し、自分の受験で得た様々な受験の成功体験や失敗体験を後輩のみんなに伝えて後輩に自分のリベンジを果たしてもらいたいと思ったことが大きな決め手です。

そして2つ目は自分が生徒だった時にいた担任助手の先生(僕にとっては大先輩にあたる人たちです)がとても素敵だったからです。

自分が受験勉強で悩んでいるときも常に自分のモチベーションや努力の限界を引き上げてくれたり、すべての受験の結果が出て絶望の中にいた自分を最後までサポートしてくれました。

もちろん受験の結果は思わしい結果ではなかったし、もう一年かけてしっかり志望校を目指すという選択肢を考えたときもありましたが、自分にとっては第一志望校へのこだわり以上に、この人たちみたいに頑張っている後輩を全力でサポートできるような人になりたいと感じたからです。

そして担任助手という仕事を2年間していて思うことは、生徒をモチベートすることによって自分も元気をもらえているということです。

おそらく生徒から元気をもらっているからこの仕事を3年目も続けられているし、大学での勉強や英語の勉強を全力で頑張れているのだと感じています。

そして担任助手になったきっかけとはあまり関係ありませんが、大学受験はあくまで最終的な皆さんの夢を叶えるための中間目標です。

第一志望校に合格して努力を止めてしまったらその人はあくまで「大学受験の勉強を頑張った人」です。

だからもし第一志望校に合格できなかったとしても合格した大学で全力で出来ることやその第一志望校にこだわる理由を考えてみて下さい!!
そしてもし第一志望校に合格した人は一つ夢に近づくことが出来ました。
次に何を全力で頑張るかを全力で考えて実践すれば必ず自分の理想の将来を送ることが出来るはずです。

努力は絶対に裏切りません!!

 

 

 

 

 

 

東進ハイスクール町田校は生徒の皆さんの勉強へのモチベーションを上げるのはもちろん、そこで働いているスタッフも常にモチベーションを生徒に上げてもらいながら相乗効果でモチベーションがどんどん上がるとても賑やかな校舎です。

受験はまだまだ先だけどどうしても行きたい大学があるという人や、何となく勉強を始めなきゃと思っている人はぜひ一度町田校に来てみて下さい!
一緒に第一志望校に合格する日まで全力疾走しましょう!

受験勉強にスタートラインはありません。

それなら全力でフライングしてみませんか??

受験勉強はしたいけど何をやればいいかわからない人はまずは全国統一高校生テストできっかけをつかみましょう!
お申込みはコチラ

何が自分の弱点が何かはわかっている。でも何から始めたらいいのか分からないという人は個人面談で解決策を町田校のスタッフと一緒に考えましょう!
お申込みはコチラ