担任助手になったきっかけ【徳満】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 10月 3日 担任助手になったきっかけ【徳満】

みなさんこんにちは!! 東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。 僕は今明治大学理工学部数学科に通っています!

10月になりましたね。 夏もあっという間に終わり、秋になりました。 「勉強の秋!」頑張っていきましょう。

さて、冒頭にも書きましたが、僕は今この町田校で「担任助手」という仕事をしています。

担任助手というのは、一言でいうと「受験生のサポート役」です。 グループ面談を実施することや、勉強しやすい環境をつくるために座席の管理などを普段はしています。 時には相談にのったりもします。

東進生であるか一般生であるかにかかわらず、校舎に来てくれた人の勉強への取り組みを前向きにすることが1番大事な仕事です!

今日は僕が担任助手になったきっかけを話したいと思います。

僕が生徒時代この町田校で勉強を始めたのは、高2の冬でした。 それまでは、学校の勉強はしっかりやってきましたが大学受験を意識して勉強することはほとんどありませんでした。

入学してからは、毎日東進に来て勉強していましたが、その毎日登校して勉強するのを支えてくれたのが担任助手の先生とグループ面談の仲間でした。 入ったばかりのころは友達も少なく、担任助手の先生に話しかけてもらえることが嬉しかったです。

また、高3の9月になり、第一志望だけではなく受験する大学を本気で考え始めた時真剣に相談にのってくれました。

大学が決まった時も一緒に喜んでくれたり、上手くいかなかった時も前に向かせてくれる存在はとても大きかったです!

僕は受験勉強を始めてから終わりまで、勉強が楽しかったです! 勉強自体が楽しめたことが僕の受験が成功した一番の要因だと思っています。 そのサポートをしてくれたのが担任助手という存在でした。

なので、次は僕自身がそのサポートしたいと思って担任助手になりました! もちろん忙しくて大変な時期もありますが、とても楽しいです。

僕が担任助手でこだわってやっていることが2つあります。

 1つ目は、今言った通り勉強のサポートです。

2つ目は、東進生にかかわらず、高校生に受験勉強を始める一歩を早く出させることです。 大学受験をするのであれば、必ずどこかでみんな受験生になると思います。 いつか必ずなるのであれば、それは早いに越したことはないと思います。 なので、受験生になるためのサポートができたらと思っています。

受験は個人戦にみえて団体戦だと思います。 当日、問題を解く時は1人ですが、そこに至るまでの過程で家族・友人・学校の先生など多くの人に支えられています。

どんな形でもいいので僕もその1人になれるようにこれからも頑張っていきます!

最後にイベントの紹介をします!

 10月26日に東進では高校生全学年を対象とした「全国統一高校生テスト」というセンター試験形式の模試があります。 高3生にとっては、今の実力を計る大切な模試です。また、近づいてくるセンター試験を当日受験するための練習にもなります。

高2生高1生にとっては、この模試を自分の勉強を見直すきっかけにしてほしいなと思っています。

この模試はなんと全員「無料」で受験することができます!

まだ勉強があまりできていない人はこの模試を気に一歩を踏み出しましょう!!

お申込みはコチラ