担任助手になったきっかけ【楠】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 10月 10日 担任助手になったきっかけ【楠】

こんにちは。東進ハイスクール町田校の楠わかなです。 前回に引き続きまして、

「担任助手になったきっかけ」をお話しさせていただきます。

私のきっかけとは「感謝と成長」です。

私は生徒時代から担任の先生にとても感謝していました。

予備校という場所は「受験のための場所」と考える人が多いでしょう。

しかし東進では担任の先生が必ずいます。 その先生と自分の将来についてじっくりと考える機会があります。

 なぜなら受験は夢の通過点であり、 なんとなくの気持ちでは長期戦である大学受験を頑張りきれないからです。

 なかなか自分の目標より先のことを見せてくれる人はいません。

しかしとても大事なことです。

 結果として第 一志望校には通っていませんが、自分の将来を考えさせてくれ、

きっかけを下さった先生と働いてみたい!と思ったので働いています。

 

もう一つのきっかけである「成長」について話します。

東進の特徴として週に1回、1人の担任助手と生徒約5~6名とで行う、グループ面談があります。

彼らにとって私たち担任助手とは、一番身近な大学生であり、受験の先輩です。

彼らに今必要なこと・伝えることを常に考え、学力向上の手助けをします。

東進のコンテンツや自分の経験を踏まえて、彼らに伝えていくことで 先を見据えて行動する力が身についてきたと感じます。

これは担任助手を通じて学びました。 また高校生が全力で努力している姿ほど感動するものはありません!

彼らの最大限の努力を見守れるこの仕事は素晴らしいですよ。

町田校では11月1日に数学科 河合正人先生による特別公開授業が行われます。

 東進の授業を受ける絶好のチャンスです!受験は迫ってきています。 スタートを切るきっかけにしませんか?

お申し込みはこちら

町田校 楠