担任助手になったきっかけ【谷井】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 10月 8日 担任助手になったきっかけ【谷井】

 

こんにちは。東進ハイスクール町田校の谷井です。 今日は僕の「担任助手になったきっかけ」を紹介します。(きっかけというよりは理由に近い内容ではありますが。)

僕が担任助手になった最大の理由……。 それは自らの受験での後悔を、後輩に繰り返してほしくないという思いです。

 

 

 

 

 

 

……とでも書くと思いましたか? もちろん生徒の皆さんには僕の体験した失敗や後悔は避けてほしいです。 そのためには僕の受験での体験はいくらでも還元しますし、サポートもしていきます。 しかし、これは僕が担任助手になった最大の理由ではありません。

正直に話してしまうと、受験生時代の僕には担任助手になるという考えはありませんでした。 「人に何かを教える」ことは好きでしたが、「サポートする」ということにはあまり興味がなかったのです。 その頃の僕は「大学生になったら家庭教師か塾の講師でもしようかな……。」となんとなく考えていました。

では何を理由に僕は担任助手になったのか――。 実際に受験が終わった(正確には後期試験が終わった)とき、時間をとって自分が何をしたいのかを考えてみました。 そこで気づいたのです。 受験を通して自分が大きく成長していたということに。

大学受験は高校受験に比べて規模が大きいというだけではなく、その先の人生に大きな影響を与えうるものです。 自分が将来何をやりたいのか、またそこへ至るためにはどのように行動すればよいのか。 未確定な部分は非常に多いですが、高校生なりに自分の人生に向き合う機会です。 そのような重要な機会を十分に活かすことができたのはなぜかと考えたとき、町田校の担任助手の先輩方の姿が浮かびました。

ただ教わり、勉強するだけでは受験において大きな成長は見込めないでしょう。 自分の人生に向き合い、じっくりと考えるという機会を担任助手の先輩方は与えてくださいました。 それこそが受験において僕が成長できたと実感した理由だと考えています。

ただサポートして合格を目指すだけでなく、受験を通して生徒とともに成長していく。 単に教えるというだけの行為ではなしえないことであると思います。 このような担任助手に対する憧れを理由に、僕は担任助手になることを決めました。 以上、僕が担任助手になったきっかけです。

さて、ここでお知らせです。 町田校では現在、10月26日(日)実施の全国統一高校生テスト、11月1日(土)実施の数学科・河合先生の特別公開授業のお申し込みを受け付けています。 受験勉強は早く始めるに越したことはありません。 「スタートダッシュを切ろうか迷っている」あるいは「自分の実力を知りたい」という高校生のみなさん! ぜひこの機会を有効に活用してみてくださいね。 みなさんの参加をお待ちしています!

全国統一高校生テストのお申し込みはコチラ

 特別公開授業のお申し込みはコチラ