担任助手流~模試の復習法~ | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 5月 6日 担任助手流~模試の復習法~

こんにちは!町田校担任助手の梶原です。
昨日に引き続き、模試の復習法について紹介します。

自分は国公立対策をしていたので、英国数社理の5教科7科目に取り組んでおり、模試の復習は効率的にやらないと、特にセンター模試等の復習時にはとても時間がかかってしまいました。
しかし、自分は時間を惜しまず、模試の復習を丁寧に行っていました。なぜなら自分は知識をすぐに忘れてしまうからです!

さて今回は暗記が苦手な自分がどのように受験を乗り越えたのか、ということで、社会科、理科、梶原流の模試復習法をお教えします。

1 正誤関わらず、まずは問題用紙と解説冊子を見比べ分析

2 間違った問題、また正解したが、知識が曖昧な分野は教科書参考書などをしっかり見直す。

3 間違った、また、曖昧な分野を中心に、自らが自らの手で、自作一問一答を作成し、自分の隙間時間活用問題集として蓄積していく。

という手順での復習です。
正直時間はとてもかかります。

しかし、自ら調べ、学習し、理解した内容を出題者の立場になって、自らが作問し書き残す、そして自作一問一答を用いて学習を繰り返すことで得られる成果は絶大です。
自分はこの勉強(復習)方法を地道に繰り返した結果理社科目のセンターや私大の模試、過去問の得点は伸び続けました。
丁寧に解説書を読み込み、さらに自分で作問した問題を用いての復習。
面倒だとは思いますが、成績向上は間違いありません。ぜひお試しください!


今、東進では部活生のための特別招待講習を実施しています。
自分も夏まで部活をしていましたが、東進の高速学習システムを使って両立することが可能になりました。
あなたも私たちと一緒に頑張りましょう!
お申し込みはコチラ!