春休みにすべきは分析!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 2月 27日 春休みにすべきは分析!【東進HS町田校】

 

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田校の野中です。
日本女子大学理学部に通っています。

今回は昨日の畑岡先生に引き続き、新学年に上がる前にしておくべきことについて書いていきます!

私が考える、新学年に上がる前にすべきことは一言でずばり、

“分析”

です。

たとえば、1つ目に自分の苦手な分野について。
新学年に上がる前に前の学年で勉強した内容の復習をしましょう、なんて誰もが言うことじゃないか、と思うかもしれませんね。

でもこれは本当に重要なことです。

昨日畑岡先生も書いていましたが新学年に上がる前に習った内容を理解できていなかったら、新しい内容を理解するのはとても大変になります。

手遅れになる前に手を打っておかないと、、、どうなるか想像するのは簡単だと思います。
また、なぜその教科や分野が苦手なのか、何がどうして理解できていないのか、など1度しっかりと向き合ってみる時間を作ると意外と解決策が見えてくるものです。
また、学年が上がる前にこれを行うことで、新しい学年に上がってから同じような苦手を作らないような普段の勉強法について考えを深めることができます!

 

2つ目に、自分のことについてです。
みなさんは自分のことについてどのくらい知っていますか?
何が好きなのか、何が嫌いなのか、何をしている時が一番楽しいのか、将来はどんなことをやって生きていきたいのか、ずばり夢は何なのか、など、、、
しっかりと時間をとって自分と向き合う時間を作ってみましょう
そしてその延長線で、大学や学部学科についていろいろ調べて研究してみましょう。
自分が向かっている未来について知ることでモチベーションが上がることは間違いないです。


また、自分についての1つとして、普段の生活を振り返ってみましょう。
生活の中で改善すべきだということはわかってはいるけれどなかなか行動が起こせないでいることはありませんか?
たとえば、もっと英単語の勉強をした方がいいのに・・・とか、家でだらだらしてしまう時間がある・・・など。
そういったことはいつでもやろうと思えばできることではあると思います。でも人間は何かきっかけがないと行動するのが難しいものです。私も気持ちはとても分かります。
そこできっかけとして使えるのが、春休みです!
新学年に上がる前に新しい自分になりましょう!

以上のことは、普段学校がある生活の中ではなかなか難しい部分もあると思います。
かと言って先延ばしにしてしまってはもったいないです。
春休みという時間に余裕があるときに行うのが良いし、学年が上がる前に行うことで次の学年への課題や目標を意識するきっかけとなります!まさにベストタイミングです!
ぜひ、参考にしてみてください!

また、町田校では勉強を本気で頑張るきっかけ作りのお手伝いをしています!
新年度特別招待講習では今なら最大2講座無料で受けられます!
この春を有意義に過ごすため、一歩踏み出してみませんか?
お申込み、お待ちしています♪