春休みの有効活用!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2018年 3月 5日 春休みの有効活用!【東進HS町田校】

 

こんにちは!東進町田校担任助手の星野竜雅です!


僕は現在早稲田大学政治経済学部に通っています!


さて、今年も受験シーズンが終わり、町田校からも多くの合格の報告が届いています!


新高三生の皆さんもいよいよ一年後には受験となるので
、今の時期から気を引き締めて合格に向けて受験勉強のスタートダッシュをきっていきましょう!


ということで、今回は僕が受験の一年前に何をしていたかということについてお話していこうと思います!


僕は受験の一年ほど前、つまりは高校二年生の冬は基礎の徹底をしていました。


この時期では二次私大の過去問はおろか、センター試験の過去問すら太刀打ちできない教科が多くありました。


たとえば、僕は国語が恐ろしいほどに苦手で、特に古文漢文においてはこの時期は本当にお手上げ状態でした。


受験において、国語はどの試験においても配点が比較的高いので、

本番ではしっかりと点数を取れないと

お話になりません。

 


ですので、この時期から古文であったら古文単語や助詞・助動詞などの文法的な事項、


漢文であったら句法や漢文特有の言いまわしなどの基礎的な内容を僕は徹底していました。

 


そのかいあってか実際の早稲田大学の政治経済学部の試験本番では

国語が八割の点数を取れるまでになりました!

 


またこの時期に僕が基礎を徹底した科目は世界史でした。


この時期は主に教科書レベルの基礎的な知識をメインに学習を進めていました。


世界史などの社会科目の基礎をこの時期から徹底することによって、


二次私大の過去問などにおいて記述問題を解く際にいちいち教科書を読み返すなどの手間が省け、


時間の節約にもなって勉強の効率化が図れます!!


僕は以上のように早い段階から基礎を徹底したことによって、


自身の第一志望に合格することができました。


これは早い段階から基礎的な内容の学習を完了したことによって、


ほかの同期の人たちよりも早い段階で応用的な内容に取り組めたということ、


それによって合格に必要なレベルに達するのが早かったためです。


これはつまり、早い段階からの学習は一年という長いスパンでみた受験生活全体の効率を非常によくし、


必要な段階に早い時期に到達することを可能にするのです。


来年に受験を控えている受験生の皆さんは基礎を完成させるのは

この春休みが一番の機会です!


この時期を有効活用して幸先のいい受験生活のスタートダッシュをきりましょう!

 

さて、ただいま東進ハイスクールでは新年度特別招待講習を行っています。

3月13日までのお申込みで2講座3月27日までのお申込みで1講座を無料で受講することが出来ます。

受講後にスタッフと話すこともできるので、模試の復習についてもっと詳しく聞きたい方必見です!

詳しくはバナーをクリック!

校舎でお待ちしております。