最大限に時間を使おう! | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 7月 8日 最大限に時間を使おう!

みなさんこんにちは!!

東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。
僕は今明治大学理工学部数学科に通っています!

もうすぐ夏休みですね。
夏休み頑張るためには今の時期が一番大切です。
定期テスト終わった人も、一息ついたらすぐに勉強習慣を取り戻そう!!

今日は夏休みを有効に活用するための話をします!!

実力をつけるためには、勉強の「量と質」が大切です。
量にこだわることは大切ですが、24時間寝ないで勉強することが効率が良いかと言われると何とも言えません。
逆に質を高めることにこだわり過ぎても、ある一定量以上は勉強しないと最大限の効果は得られません。

「質」という要素は大きく分けると、「コンディション」と「勉強方法」があると思います!
コンディションは一言で言うと集中力や体調です。体調が悪いとなかなか勉強できなかったり、寝不足だと集中できず寝てしまったりすると思います。コンディションを良く保つことは勉強をする上でとても重要です。

勉強方法は、同じ英語の勉強でも、どのように勉強するかで定着度は変わります!!

勉強方法は科目ごとにも異なるので、今日はコンディションの意味での質をどのように上げるかと、量をどのように確保するかについて詳しく話します!

1日を一番効率良く勉強する上で大切なことは、「集中力が保てる時間をいかに長くするか」です。
極端な話をすると、睡眠時間を削れば量は最大24時間まで確保できますが、それだと集中が全くできないと思います。

かといって、睡眠が長ければいいという訳でもないですよね?

1日の過ごし方で気を付けるポイントは、

①睡眠は、1日しっかり過ごせる時間をまとまってとる。
②早寝早起きを心かける。

です!
1日気持ちよく過ごせるための睡眠時間は人によって差はあります。なので、一概に言えませんが、6時間~7.5時間位がオススメです!

また、睡眠は時間だけでなく効率も大切です。途中起きてしまうと、まとまった睡眠がとることができずに日中眠気を感じてしまいます。
寝る前に体をあたためたり、スマホなどの画面を見ない等は寝付きを良くする上で大切なポイントです!

また、朝しっかり起きることがとても大切です!!
人間は日光を浴びることで一日のサイクルをつくっています!朝一番でしっかり日光を浴びると、14時間後に眠くなるようなリズムをつくることができます。

なので、同じ睡眠時間でも、朝起きて夜早めに寝るリズムをつくりましょう!!

あとは、長い時間勉強できる体力をつけることが大切です。いきなり15時間勉強をしてもなかなか集中できないと思います。
生活リズムを整えて、長い時間勉強する癖をつけて、だんだん集中できる時間を長くすることが大切です!

まずは明日から朝型のリズムをつくって頑張ってみてください!

ここで高校1・2年生にお知らせです!!
東進ハイスクールでは今、夏期特別招待講習という無料講習を実施しています!
7月12日(火)までに申込みをすると、90分×5コマの講座が4講座まで無料で受講できます!!

夏休みを努力するきっかけに東進の授業を受けてみませんか?

お申込みはコチラ