最後の最後まで伸び続ける | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 1月 3日 最後の最後まで伸び続ける

 

ついにセンター試験13日前ですね!
受験生の皆さんは良い緊張感を保てているでしょうか.

こんにちは.東進ハイスクール町田校の谷井です.
受験生はもちろん,大学受験を考えている高1・2生にとってセンター試験は大きな節目となります.
今日もそんなセンター試験について,それぞれの学年に向けてメッセージを伝えたいと思います.

まずはセンター試験を受験する受験生の皆さん.
多くの人が緊張しているはずです.
自分の実力を出すことができるか,変なミスをしたりしないか,不安なこともたくさんあると思います.
入試直前期になると,不安な様子で町田校の受付スタッフに相談をしにくる生徒も多くなってきます.
自分のこれまでの受験勉強の成果が数字として現れるのですから,不安になったりするのは当然のことですよね.

ただ,よく考えてみてください.
真面目に受験勉強に取り組んできた受験生にとって,最も実力が伸びる時期はこの試験直前期です.

「悩んでいる暇があったら勉強しろ」

という言葉を聞いたことがあるかもしれません.
まさにその通りで,この時期は一分一秒をムダにすることはできません.
自分が悩みこんでしまうタイプの人であるなら,残り時間にやれることを全てやり切るつもりで予定を立てていくことをおすすめします.
悩む暇がないほどに濃密な直前期を過ごすことで,センター試験を駆け抜けていってほしいと思います.

最後まで伸び続けると信じて,頑張ってください.
(もちろん,どうしても不安な時は相談に来てくださいね.)

次にセンター試験同日体験受験に挑戦する高校生の皆さん.
この同日体験受験に対するモチベーションは,正直言って人それぞれだと思います.
ただ全ての高校生の皆さんに意識してほしいことは,自分よりも先を行く同学年の「受験生」がいるということです.
まだ志望校が決まっていないという人でも,いずれ自分が志望する大学へと向けて既に受験勉強を始めている受験生は必ず存在します.
「学力の差=時間の差」と言われるように,受験勉強の開始は早ければ早いほど良いです.

この同日体験受験を受験すれば高2生は入試1年前,高1生は入試2年前となります.
実際の問題を使って受験本番レベルを知ることができるこの機会に,ぜひ自分の受験に向き合ってみてください
残された時間の中で自分が何をすべきなのか見当をつけることが,この同日体験受験のひとつの意義となるはずです.
(実力をしっかりと結果に反映できるようキチンと勉強してから臨んでくださいね.)

さて,長々と書いて来ましたが受験生にも高1・2生にも共通することがあります.
それは「残り時間ですべきことを見極め,キチンと実行していく」ということです.
簡単なことではありませんが,大学受験はこのようなスキルを身に付ける良い機会でもあります.
ぜひ全力で取り組んで,自分の成長につなげていってくださいね!
応援しています!!

さて上でも述べたようにセンター同日体験受験を東進では無料で行います!

この機会に今の自分と向き合ってみましょう。

お申込はこちら