模試の復習方法[英語編]【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 2月 22日 模試の復習方法[英語編]【東進HS町田校】

こんにちは。
東進ハイスクール町田校、担任助手の國分茉莉花です。
現在、慶應義塾大学薬学部に通っています。

皆さん先日の模試お疲れ様でした!
自己採点は終わりましたか?
何故自己採点をしなければいけないのか?どうせ後で帳票返ってくるし…
と放置していませんか?

 

皆さんが実際に受験する際にはセンター試験の自己採点が非常に大切になってきます。

特に私立大学のセンター利用型の試験、国公立の出願には必ず必要なものです。
帳票が返ってきたら、自己採点の点数と同じか必ず確認して下さいね!

 

自己採点が終わったら次にやるべきことは復習です。
そこで本日は私流、英語の復習方法をご紹介していきます。

①発音アクセント
全ての単語のアクセントを確認するのは大変ですよね。そこでまず、二重母音や「aw」の綴りなどの規則を覚えます。
その他は間違えたものを音読したり、単語を覚える際に一緒に発音を覚えるようにしていました。
まだ先の話になりますが、東進ハイスクール町田校ではGWや夏休みの早朝に音読会を行なっています。
このようなイベントを是非活用してみてください。

 

②文法
教科書の文法問題は解けますか?解けていないのであればまずそこからです。
次に教科書は解けるけどセンター模試の文法は苦手 このような方も多いと思います。
そこでおススメなのが教師になりきってセンターの問題を人に解説することです。
何故他の選択肢は文法に誤りがあるのかを説明するうちに関連した文法熟語の思わぬ穴が見つかる事が有ります。

 

③長文
まず長文で点数を取れない理由を考えてみましょう。
・時間が無い
・文が読めない
・読めているつもりになっている

特に最後の原因はセンター試験のみならず一般試験でも致命的になりかねません

そこでおススメなのは自分で自分に解説授業をすることです。
英語の講座ではよく文に記号をつけますよね。
それを自分の手でやってみて下さい!
自分がどんなところで間違えてしまったのか、どこが分かっていなかったのかが一発で目に見える形となって出てきます。
そして最後に解説の和訳と見比べて意味の取り方が合っているかを確認してみてください。

一口に「復習」といってもその方法は十人十色。
色々な人の復習方法を取り入れながらオリジナルの方法を編み出してください!

町田校の担任助手も一人一人、自分の復習法を持っています。
模試だけではなく、学校の勉強や参考書の使い方なども是非聞きにいらしてください!

 

町田校では、新年度特別招待講習を実施しています!

 

今なら最大2講座(1講座=5コマ×90分)まで無料で受講できます!!!

 

さらに!町田校には色々な大学、色々な趣味を持ったスタッフがお待ちしております!

 

勉強の悩み、将来のこと、何でも相談に来て下さい!

 

↓お申込みはコチラから↓