模試後を大切に。 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2016年 8月 25日 模試後を大切に。

みなさんこんにちは!
東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。
僕は今明治大学理工学部数学科に通っています。

暑い日が続いていますが、もうすぐ夏も終わってしまいますね。
夏の間にやれることを一生懸命やって、9月以降につなげましょう!

夏の成果を出す8月28日のセンター試験本番レベル模試が直前ですね!
今日は模試受験後にやるべきことについてお話したいと思います!

模試で大切なことは、受験後に分析→復習をして自分の実力アップにつなげることです。この内容は3日前のブログで詳しく話しました。

この時に大切なことは、「一喜一憂せずに時間を空けないで実行にうつす」ことです。

この模試に向けて頑張ってきた人ほど模試当日は緊張して、なかなか思い通りの結果が出ない人もいると思います。
逆に、模試で予想以上に点数がとれて、浮かれてしまう人もいるかもしれません。

緊張して失敗する経験を本番前にできること自体は良いことです。また、いい点数がとれたこと自体もいいことです。

ただ、落ち込んでしまったり浮かれたりしていると今回の模試自体の分析が最大限にできず次につながりにくくなります。

結果に一喜一憂せず、今回の模試を正確に分析・振り返りをして、時間を空けずに次の行動にうつしましょう!
とにかく時間を空けないことが大切です

時間を空けてしまうと、この模試が一つの区切り目になり今まで通りの努力が継続できなくなります。
模試の前も後も変わらない努力量を保つためにも、模試後の流れを素早く行いましょう。

成功するにしろ失敗するにしろ、1週間後には決まっています。
みなさんが1週間後も今と変わらない努力量で、模試を最大限活用することを期待しています!!

ここで外部生の方にお知らせです!
東進ハイスクール町田校では、体験授業を受け付けています!!
この夏の勉強でうまくいかない科目があった人・勉強自体向き合えなかった人など勉強に不安を抱えている人は是非一度足を運んでみてください!!!

お申し込みはコチラ