理科が大得意になる方法~科学は人類から生まれた~ | 東進ハイスクール町田校|東京都

2016年 8月 13日 理科が大得意になる方法~科学は人類から生まれた~

 

皆さんこんにちは!担任助手の高橋賢です。今年は台風が少ないですね。9月になって大型台風ばかりにならないといいのですが…

 

さて、今日はタイトルの通り「理科が大得意になる方法」をお話ししたいと思います。

理系のみなさん、理科は好きですか?

好きだけどなかなか得点できない人、嫌いでなかなか勉強出来ない人へ、今日は理科の考えを変えるような話をしましょう。

 

例えば、物理の話をしましょう。 昔、ニュートンがリンゴを落ちて重力を閃いた話は有名ですね。

物理は、いきなり生まれたわけではなく、誰かが「どうしてリンゴは落ちるんだろう?」「どうして電気が流れるんだろう?」など、日常生活・自然現象において「なぜ」を追求するために生まれたものです。

高校の物理が苦手な人は「公式が覚えられない…」「なんでこの式になるかが分からない…」と感じると思いますが、物理は思っているよりもずっと簡単です。

つまり、物理は数学を計算するための学問ではなく、自然現象を説明するための学問ですという事は物理に現れる数式は「当たり前」のことを示しているだけなのです。

「物体の自然な状態は静止または等速直線運動」「摩擦は運動エネルギーを奪う」「誘導起電力が生じる」。そういった問題は物理(詳しく言えば、古典物理学)では「物体として当たり前の振る舞い」をしているだけで、それをただ数式に表しているだけなのです。

だからこそ、数式で覚えるのではなく、現象として捉えることで物理の数式・問題はぐっと簡単になります。

現象の理解は、物理に対しての感覚を変えるだけではありません。センター試験を始めとした入試問題の本質は、現象を解くことにあるので、減少を理解していれば即答できる問題もかなりあるのです。

それは、物理だけでなく、化学でも生物でも変わりはありません。科学の本質は、現象の理解です。

だからこそあえて言いましょう。センター理科は、満点を取れる科目です。これを覚えておいてください。

 

まとめますと、

科学は数式で覚えるのではなく、現象を理解(なぜその数式が成り立つのか?)を徹底して考えることでどんな問題にも対応することが出来る

ということです。これを実現できるように、時間をかけて理科を学習してみて下さい。