畑岡流過去問のやり方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 15日 畑岡流過去問のやり方

 

こんにちは!町田校担任助手の畑岡です!

現在は法政大学社会学部社会政策科学科に

通っています!

 

さて今週も引き続き過去問のやり方について

紹介したいと思います!!

先週は各担任助手の全体的な過去問演習の

やり方を紹介していたので

今日は文系の人対象にはなってしまいますが

【日本史】の過去問演習に焦点をあててみたいと

思います!

 

先週の過去問のやり方にも載せていましたが

基本的に第一志望は10年分×3周しなければいけません!

また第一志望に限らず、第二.第三志望についても

10年分ないしは5年分といったような

演習量は確保しなければいけません。

 

実際、これをやり遂げるのはかなり難しいことです。

10年分×3周をやり終えるためにも

できるだけ社会科目に時間はかけたくありませんよね?

 

そんな不安を解消するために

僕の過去問演習の復習方法を紹介します!

 

まず日本史に限りませんが

各大学.各学部によって問題の形式が異なります。

それをしっかり自分で演習を重ね、分析することが重要です!

 

次に復習法ですが、自分がやっていたのは

間違えた分野、例えば江戸時代の経済史を

間違えたとすると、

教科書・資料集なぜ間違えたのか自分で説明できるように

なるまで復習し、

一問一答等の問題集でその範囲全般を一通り復習します。

その際一問一答で間違えてしまったら

ルーズリーフに殴り書きで構わないので青ペンで書きまくります。

覚えるまで!!!

 

この流れを完璧にやれれば日本史の復習は基本的に

大丈夫です!!

皆さんも是非試してみてください!!

 

さてこれを見ている受験生も

過去問演習を始めたころだとおもいます。

 

9月28日に難関・有名大本番レベル模試があります!

現時点で自分が二次私大レベルの模試で

どのくらい得点がとれるのか

気になりませんか??

すこしでも興味のあり方はコチラから!!