矢口流模試の活用法 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 8月 29日 矢口流模試の活用法

こんにちは!東進ハイスクール町田校担任助手の矢口です!

今日も引き続き「模試の活用法」についてお話しさせていただきます!

私流の模試の活用法は「今後の勉強方法の作戦立てに使う」です!

模試を受験し自己採点や解答解説を読んだあと、「あ!文法問題よくできた!」「ベクトルの問題全くできなかったな…」と一喜一憂して終わっていませんか? 大切なのはこの結果をもとに今後も作戦を立てることです!

「文法は授業を受けたあとにしっかり復習したし、自分なりに参考書で問題演習を行ったから点数を取れたな。でもまだ満点ではないから自分の知識に穴がないかもう一度確かめていこう!」や、「ベクトルの授業は受け終わっているのに模試になると全然わからなかった…。問題演習が足りないのかな?今まではインプットが中心だったから、これからアウトプットする練習を増やしていこう!」など、このように教科ごとよりもさらに細かい分野ごとに自分の今までの勉強方法は間違っていなかったのか、もっと工夫した方がいい点はないかどうか、模試の結果をもとに軌道修正し今後のどう勉強していくかの作戦立てに活用していました。

ただ模試の結果に一喜一憂するのではなく、今後の自分の勉強方法の見直しにいかしていってください!

東進ハイスクールでは「担任指導」というものを行っており、一人の生徒に対して担任と副担任がつき、日頃の学習のアドバイスはもちろん、このように模試後の勉強について相談に乗ってくれ、改善策や今後の作戦を一緒になって考えてくれます。

受験について聞いてみたいことや不安のある高校1.2年生のみなさん! ぜひ一度町田校に来て私たちに話して下さい! みなさんの来校をお待ちしています!

資料請求はこちら

個別相談・体験授業のお申し込みはこちら 

町田校 担任助手 矢口彩佳