緊張と向き合おう | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 1月 13日 緊張と向き合おう

 
センター試験本番まで
あと3
 
みなさんこんにちは!!
東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。
僕は今明治大学理工学部数学科に通っています!
冬も深まり、受験生にとってもいよいよセンター試験ですね!!
 
高校1・2年生にとっては、受験まで1年前もしくは2年前という時期になってきています。
今日はセンター試験に向けて、どのようなことをするべきかをお話ししたいと思います。
 
 
 
受験生の方へ
 
入試本番まで日に日に近づいてきて、勉強をしていてもプレッシャーを感じたり時間が足りなくて不安に思うこともあると思います。
緊張は受験勉強に対して真面目に取り組んだ 人ほど感じるのではないかと思います。
 
受験で合格するために大切なことは、
受験勉強でいかに自分の実力をつけるか
ということが一番大切です。
しかし、実力を本番で出し切ることができるか・本番の試験の中で成長し実力以上の力を出すことができるかもかなり大切になってきます。
受験勉強をしっかりやってきて実力がある人が合格するのが理想ですが、いつの受験でも実力が出し切れずに不合格になってしまう人は必ずいます。
ですので一つ大切になってくるポイントは、
 
緊張とどのように向き合うかです。 
 
緊張をしている状態で力を出し切る僕なりの方法は、
①ここまで努力してきた自分に自信を持つ
②緊張していることは素直に受け入れ 、その緊張を楽しもうとしてみる
 
この二つです!
 
緊張が不安につながってしまう人が多いですが、受験勉強に向き合い努力してきたからこそ緊張しているはずです。
緊張したら過去を振り返り、
ここまで頑張ってきたから自分ならできる!
と強い気持ちを持っていれば、緊張が不安につながることを防ぐことができます。
 
また、緊張しているのにしていないことにするのは、結果として自分に一番プレッシャーがかかります。
緊張している時は素直に認めましょう!!
そこから、緊張している中で自分がどれだけできるかを楽しむ気持ちでやることが大切です!!
また楽しむという意味で笑ってみたりするのも、緊張がほぐれる要因になります。
どんな時でも、マイナスに感じてしまうことは
 
視点を変えればプラスに変えることができます!!

またそれができる人ほど強いと思います。
とにかく強い気持ちを持って、楽しむ気持ちで挑んでみてほしいです!
 
 
 
 
そして高校1・2年生のみなさん
 
まずは1年前・2年前の時期にどれ位の点数がとれるのかを知ってほしいと思います。
現状を知った上でどのように勉強をしていけば本番の入試が来た時に合格に必要な実力が得られるかを考えながら勉強をすることが合格への近道です。
ですので、まずは
現状を知る機会をつくってください!
それ以降は1年後2年後を意識して、具体的にいつまでに何をやるべきなのか計画を立てたうえで優先順位をつけて勉強をしていってほしいと思い ます!!
 
 
 
 
ついに試験は目の前です!
皆さんが本番で全力を出せることを願っています。