苦手科目にケリをつけよう!! | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 7月 29日 苦手科目にケリをつけよう!!

みなさんこんにちは!! 東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。

僕は今明治大学理工学部数学科に通っています。

夏休みは順調に過ごせていますか??暑い日も涼しい日もあり天気は落ち着かないですが、もうすぐ8月にも入るので長時間勉強するための生活リズムをつけましょう!!

今日は苦手科目の勉強法について話したいと思います。 みなさんは受験科目の中で苦手科目はありますか??

僕が受験生の時は化学が苦手でした。 この夏で苦手科目を克服できないと、受験までに間に合うかどうかわかりません。 僕自身、化学の苦手を克服できたのが11月頃で、そこから点数は上がりましたが二次試験レベルで対応できるところまではいきませんでした。

苦手な科目は人それぞれ違うと思うので、今日は苦手科目にどのように取り組むかということに焦点をあてます!

僕は、「基礎完成まではまとまった時間をとり、基礎完成後は短い時間で定期的に確認する」ことが受験勉強において効率の良い時間の使い方だと思っています。

英単語を覚える例でみると、受験レベルの英語を何も知らない状態から覚え始めた時は、一つの単語を覚えるのにそれなりに時間を費やすと思います。 ただ、一通り覚えてしまった後は一つの単語を覚えているか確認するのに少しの時間しかかからないので、短い時間でも多くの単語を確認することができます。 一度定着したものであれば例え短い時間でも定期的に復習することで思い出す機会がつくれるので、繰り返すことで長期記憶的に覚えることができるようになっていきます。

今は単語の例でしたが、いろいろなことに共通して言えます。 苦手な科目は勉強していて楽しいと感じる機会が少ないので、長時間勉強するだけでも疲れますが、それでもある程度多く時間をとって向き合うことが大切です。

苦手を克服するためにまとまった勉強時間を継続的にとることができるのはこの夏が最後だと僕は思います。

8月中毎日まとまった時間苦手科目と向き合うことができたら、9月になった時には見えてるものが変わっているに違いありません!!

一日の使い方の中で是非苦手科目に費やす時間を多めにとって、手ごたえのある夏休みを過ごしてください!!

ここで高校1・2年生にお知らせです。

東進では今、夏期特別招待講習という無料講習を実施しています!! 90分×5コマの映像授業1講座が最大2講座まで無料で受けることができます。 申し込み締め切りは7月31日となってます!!この機会を逃さずに8月を頑張ってみませんか??

お申込みはコチラ