試験本番での私のルーティン 徳満ver | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 11月 28日 試験本番での私のルーティン 徳満ver

東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。

今日でセンター試験本番まであと50日です。とても早く感じますね。 できることを一つ一つやっていきましょう。

僕は今明治大学理工学部数学科に通っています。

今日は試験本番での僕のルーティンをお伝えしたいと思います。

僕の中では試験前日から勝負が始まっていると思います。 前日は、遅くとも22時には寝るようにしていました。

緊張して寝れなかったりすることもあるかもしれませんが、横になって目をつぶっていれば少なくとも体は休まります。

前日に無理して勉強して、知識は増えることがあるかもしれませんが試験を解く上でのパフォーマンスは必ずおちてしまうので、しっかり睡眠をとりましょう。

試験会場には1時間前位につくように行き、電車が込む時間はなるべく避けるようにしていました。

試験前にやっていたことは

①伸びをする ②英語の長文を5分程度音読する ③エナジードリンクを飲む ④昼休みにチョコレートを食べる

です。 伸びをするのは、リラックスするためにやっていました。テスト前は緊張するので少しでも落ち着かせることが大切だと思います。 問題が配り始める時に僕はやっていました!!周りの視線が恥ずかしいかもしれませんが、個人的にはオススメです。

音読をするのは、英語の長文問題を試験でいきなり読むと最初なかなかスムーズにいかないからです。 試験が始まった時から最高のコンディションで読むための準備になると思います。

エナジードリンクを飲むのは体に良いとは言えませんが、短い時間で糖分を多めにとれるので飲んでいました。 頭を使うとブドウ糖を消費するので、補うためにやっていました。 数学の問題と解く時には、特に頭を使うので意識的に糖分をとっていました。

あと、自分の中で勝負の日にはエナジードリンクを飲むという決まりがあるので飲んでいたという感じです。

人によってはトイレに行きたくなったり逆効果かもしれませんが、集中力アップにもつながるので模試などで試してみてもいいかもしれません。

チョコレートは、おいしくて糖分をとれるので食べていました。

試験前にやっていることは、人それぞれ違うと思います。 ただ大切なことは、自分流のルーティンを持っていることだと思います。

いつも通りやっていることを、本番でもやることで模試と同じように解くことにもつながります。 緊張感の緩和にもつながるので自分のルーティンを作りましょう。

ここで高1・2生のみなさんにお知らせです!! 東進ハイスクール町田校では今冬期特別招待講習という無料の講習をやっています。 今申し込みをすれば、90分×5コマの講座が3講座まで無料で受講できます。

招待講習を通じて冬休みにたくさん勉強してみませんか??

お申込みはコチラ