試験直前のルーティン ver.谷井 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 8月 12日 試験直前のルーティン ver.谷井

こんにちは。東進ハイスクール町田校の谷井です。

8月23日の第4回センター試験本番レベル模試まで2週間を切っていますね。
受験生は第一志望校のAライン突破に向けて、順調に学習は進んでいるでしょうか?

という訳で、今日も引き続き「試験直前の自分のルーティン」についてお伝えします。

大したことはしていないのですが、僕は模擬試験を受験するときから

   ①試験最初の科目が始まる60分前に会場に入室
    →その日で最も注意すべき科目の勉強
   ②試験15分前 or 休み時間には次の科目の最終確認
   ③昼休みには某コンビニで買った羊羹を食べる

ということをルーティンにしていました。

ここで重要なのは「いつ・何をする」ということを明確にするということです。
試験開始までにリズムを作っていくことで、試験のモードにしていくわけです。

実際に入試が始まれば分かるとは思いますが、本番の入試は休み時間が非常に長いです。
その休み時間に「何をしなければいけない」ということはありませんが、自分で使い方を決めておかなければ無為に時間を過ごしてしまうことになります。

ルーティンによって試験の点数が大幅に上がるということはありませんが、これによって模擬試験や普段の学習に近い精神状態で試験に臨むことができます。
「いつも通りの力が出せなかった……。」ということにならないよう、自分のルーティンを作ってみてください。

さて冒頭でも取り上げましたが、東進ハイスクール町田校では現在「第4回センター試験本番レベル模試」のお申し込みを受け付けております。
夏の演習の成果を測るためにも、ぜひこの機会を活用してくださいね!

お申し込みはコチラ