試験直前!各科目ごとの勉強法~秀流~ | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 12月 9日 試験直前!各科目ごとの勉強法~秀流~

こんにちは
町田校担任助手の秀です。


昨日に引き続き今日も「試験直前!各科目ごとの勉強法~担任助手流~」について紹介していこうと思います。


ぼくの受験科目は英語、国語、日本史だったのですが、今日は英語についてお話ししていこうと思います。

 

試験直前期の英語の勉強は長文に尽きます。

なぜなら英語は長文の配点が高い試験が多いからです。

センター試験を例に出しましょう。
英語筆記のセンター試験は200点満点中、文法や発音アクセントの配点が55点、長文力で点が取れるのは145点です。
つまりセンター試験で長文を落としてしまうことは破滅であると言えます。


そのため英語の直前期の勉強法としては文法よりも長文で点を取るために、単語の暗記と英文の音読を繰り返すことがオススメです。


単語は一週間、遅くて二週間で詰め込み直しましょう。
音読は長文読解のスピードがあがり、英語のリズムをつかめるようになります。


また音読をこなしていく内に、英文に対する目も肥えるので、文法問題などでも「この選択肢はおかしい」「こんな英文は見たことがない」とまちがった英文に違和感を持てるようにもなるので、結局文法の勉強にもつながってきます。
お得ですね!


ただ、当然のことを言いますが長文を読む前提として一定の文法力、構文力の修得は必須です。
でなければいくら単語を覚え、音読をしたところで長文の意味がわかるわけありません。


一定の文法力、構文力については、東進の高速基礎マスター英文法750レベルを完全修得できていればOKです。


高校1、2年生の皆さんは今が英語の基礎を完成させるチャンスです!

そこで東進では東進では冬期特別招待講習を実施しています。
無料で3講座受講できる締め切り日は10日、つまり明日までです!

冬休みの勉強に是非東進の講習をお試しください!

お申し込みはコチラ