辛い時の乗り越え方~第2弾~秀ver. | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 1月 8日 辛い時の乗り越え方~第2弾~秀ver.

こんにちは! 町田校担任助手の秀です。

最近風邪が流行っているようですね。 電車の中でも咳をする人が目立ちます……。

受験学年の皆さんはもうセンター試験まで10日を切っています

 体調を崩して準備が万端にできない、試験当日に体調を崩してしまうなどの事態を防ぐために、手洗い・うがい・適切な睡眠の確保・健康的な食事・人ごみでのマスクの着用、屋内でのアルコール消毒など、普段の生活の中でも意識できることはたくさんあります。

受験勉強だけでなく、体調管理においても自分にできる最大限の努力をしていきましょう。

さて、今日も引き続き「辛い時の乗り越え方」を紹介します。

僕は実は現役時代、受験結果に納得がいかず浪人を経験しているので、僕が辛いと感じた時は「また去年と同じ思いをするのか?」と自分に問いかけて、それを原動力にがんばってきました。

しかし、これを読んでる人は受験は初めてという人が多いと思いますので、もう一つの方法を紹介します。

それは「自分が志望している大学に受かった姿を想像する」ことです。

今の辛さを乗り切った先には、憧れの大学でのキャンパスライフが待っている! そう考えると頑張れる気がしませんか?

また逆に「志望していた大学に合格できなかった自分を想像してみる」というのも有りかと思います。

 通うことになるとは全く想定していなかった大学を歩いている姿など考えたくもないですよね(笑)

そんなことには絶対ならないように!と自分を鼓舞することで頑張れる人もいると思います。

最後に一つ、受験本番では何よりも気持ちで負けてはいけません。 本番で頼れるのは、今までがんばってきた自分だけです。 どうか自分が今までやってきたことを信じてください。

もし今不安だと感じるのなら、何故自分は不安を感じているのか、不安の原因は何かと自問し続けることで解決策は案外見つかるものです。 そして、あと一週間以上あります。 一週間あれば、人間やろうと思えば大抵のことはできます。

最後に後悔することのないように、全力で走り抜けてください!

 

そして、新高校1.2.3年生の皆さん。

東進ではセンター試験同日体験受験というものがあります。 一年後に自分に必要な力と、今の自分の力のギャップを知る絶好の機会です。

まだ受験勉強をスタートできていない人はこれをきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

お申し込みはコチラ