選ばれたのは東進でした。 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 2月 21日 選ばれたのは東進でした。

みなさん、こんにちは!町田校担任助手3年の畑岡です。
いよいよ就活が目前になり非常に焦っています...
特にSPIという適性検査があり、
中学・高校レベルの数学問題が出題されるのですが、
なかなか文系には辛いです。

さて今日は私が東進に入学したきっかけをお話します。
私が受験をしたのは3年前になります・・・。
もうすぐ4年前になってしまいます。老いを感じます。笑

私は都立町田高校に通っており、
男子バレーボール部に所属していました。
部活では部長・キャプテンを掛け持ちしていました。
また部活での目標は「関東大会出場」or「都立高大会ベスト8」
と掲げていたため、土日は基本1日練習でした。
ただ町田高校は定時制があるため平日は部活は5時で終わらなければならず、
5時半に完全下校をしないといけませんでした。

比較的、他高校よりは時間に余裕があるため勉強に時間を費やすことができます。
しかし、私の場合部活にのめりこんでしまい、所謂部活バカというやつですが、
高校2年の冬までほとんど勉強をしてきませんでした。
またそのため定期テストではクラス順位30位台をキープ…

そんな体たらくな生活を過ごしていたのですが、高2の3月30日に(今でも忘れません。)
受験に危機感を抱かない私に見かねた母親が
「そろそろ予備校通わないとあんたどこも受からないよ」と言い、
行くならどこに通いたいかを尋ねてきたのです。
もともと部活の友達が東進に通っていたこともあり、
東進が映像授業ということは知っていました。
それに加えて、時期が遅いだけに集団授業の予備校に通うのは
ちょっとな...という懸念もありました。

以上のことから東進かなーと母親に伝えた途端、
なんといきなり東進に電話をかけたのです!
そしてその1時間後にめでたく東進生になりました。

東進に入学したきっかけというほどのものはありませんでしたが、
決め手になったのは個別で且つ好きな時間割で受講を受けることができる
ということでした。
当時、まだバリバリの現役だった私には
時間割の縛りがないのは非常に大きなメリットでした。

ただ今考えるともっと早く始めるべきだと思います。
私も担任助手を丸3年間務めてきましたが、この時期から
第一志望校に合格しようとしても並大抵の努力ではなかなか難しいです。
ただ東進には圧倒的な努力量を確保する環境や
コンテンツが揃っていると思います。

まだ受験に向けて本気になれていない高校生の皆さん
今が「決断」する時です。「決断」するとはどういうことでしょうか。
決断することは何かをとって、何かを捨てることです。
皆さんの場合は「第一志望校に合格すること」がとるものですね。
そのために何かを捨てなければなりません。
趣味の時間・アルバイトの時間・休日の自由な時間 etc…
様々ありますが、何かを捨てなければとることはできません。

東進では新年度特別招待講習を実施しています。
無料で2講座まで受講することが出来ます!
もし、一人では決断しにくい、決断するきっかけがない、と悩んでいたら
是非、町田校まで来てください!!
一緒に本気になる「決断」をしましょう!
お待ちしています。