部活生注目!部活と勉強 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2017年 4月 27日 部活生注目!部活と勉強

こんにちは!立教大学社会学部社会学科に通っています。田中です!
最近は過ごしやすい気候が続いていますね。
私が通う池袋キャンパスは、あっという間に草木が生い茂っていて陽の光が差すと本当に綺麗です。

今日は、部活と勉強の両立についてご紹介していきたいと思います。

高校生の多くの人が部活動や、クラブチームなどで放課後の課外活動に励んでいると思います。
私自身、中学から続けていたソフトテニスを高校でも3年間続けました。
部活はほぼ毎日あったので、部活をやっていない友達や
引退が早くに決まった友達がどんどん受験勉強に専念している姿を見て焦っていました。

しかし、部活はやり切りたいなと思っていたために、少ない時間の中でも工夫しながら自分なりに頑張っていました。
特に効果的だったと思うのは以下に挙げる3点です。

まず、1点目に勉強をルーティン化してしまうことです!
部活の予定が出るのが一か月単位だったため、予定が出たらすぐに一か月分の計画を立てました。
学校や部活があっても、時間の把握が出来たらかなり具体的に計画が立てられると思います。
起床時間・食事の開始時間・就寝時間を毎日決まった時間固定し、
規則正しく生活を送ろうと高校では言われていたので実行するようにしていました。
このおかげでかなり学習の習慣化が図れたと思います。

2点目に移動時間の有効活用です。
部活に忙しくても勉強出来る時間は出来るだけ割こうと思って、
電車に乗っている時間は高速基礎マスターや単語帳を使って語彙力をつけることを意識していました。
特に電子機器に音源をダウンロードして、目だけでなく耳も使えるようにしていました。
(イヤホンをしていると友達にもあまり話しかけられないのでおススメです!笑)
椅子に座って単語の勉強をしたり、単純な作業的なする時間が減らせるように気を付けていました。

最後に、私が部活をしていても受験勉強に励めたのは、
同じように部活を最後まで続けている友達に相談出来たことが大きいと思います。
困ったことがあったらグループミーティングのメンバーや部活仲間に相談して気持ちを切り替えていました。

部活をやりきったことは間違いなく自分のプラスになったと思います!
隙間時間を縫って効率よく計画的に勉強を続けていれば部活動と勉強の両立は可能です。

そんな、部活動を頑張ってきた、あるいは現在も頑張り続ける高校3年生を対象に東進ハイスクールでは無料の特別招待講習を行っています!
お申し込みは↓のバナーから!