高校1,2年生のうちにやっておくべきこと ver.高橋 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 7月 3日 高校1,2年生のうちにやっておくべきこと ver.高橋

 

こんにちは!町田校担任助手2年の高橋です!!

最近は梅雨の時期で、蒸し暑いですね…学校で部活をやっている人も、室内練が多くて大変かな?高校生活でしかできない部活を是非楽しんで下さい!

さて、今日も先日と同じテーマで話そうと思いますが、ずばり、私が思う高校1,2年生のうちにやっておくべきことは…

「明確な目標を決めること」

です!

皆さん、目標って今何か持っていますか?この志望校が良い!とか部活であればベスト4には進出したい!とか。

万が一、そういう目標が何も浮かばない人は、是非何の分野でもいいので目標を掲げてみて下さい。

そして、私が言いたいのは「大きな目標に対する中間目標は意識しているか?」ということです。

例えば、第一志望校が決まっていて、そこが大きな目標だとしましょう。あなたは第一志望校に合格するために何をすればいいのでしょうか?どうすれば合格に近付けると思いますか?

おそらく「一生懸命勉強する」「毎日勉強する」「この参考書をやる」と言ったような考えなのではないでしょうか。

でもこれって、具体的には何も決まっていないですよね?この状態で勉強していっても、長続きもしないし成果もきっと得られません。

もっと、具体的に決めてみましょう。そして、目標を決める際に大事なのは2点。

「明確な期限を決める」「具体的な行動量を決める」

これは勉強に限らず、どのような目標に関しても役に立ちます。

例えば「8月の模試に英語で○○点とる。そのために、学校の文法の参考書は1週間で◇~△ページまで終わらせて覚える」と言ったようなことです。

…これって、受験生になってから考えるものじゃないのかな?

そう思った高校1,2年生の皆さん、大間違いです。受験勉強は「どれだけ早くスタートできたか」が大事!

高校3年生は全員が努力するので相対的に成績が向上しません。

高校1,2年生のうちに努力することこそが、第一志望校に合格する一番の要因なのです。

実は、志望校によって、この時期にはセンター試験本番レベル模試で何点とらなければならないかというのは決まっています。是非明確で具体的な目標を持って、勉強していきましょう!

 

東進では高校1,2年生向けに夏期特別招待講習を実施しています。今なら5コマ×4講座を無料で体験することができます!4講座申込の期限は7/12(日)まで!是非この機会を逃さないようにしましょう!!

お申込みはコチラ