高橋流過去問の進め方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 14日 高橋流過去問の進め方

 

 

こんにちは!町田校担任助手の高橋賢です!

私は今、東京工業大学の第1類に通っています。

高校3年生の、特に国公立志望の皆さんはセンター試験や二次試験の対策に追われて大変なのではないでしょうか。

なので今日は「高橋流過去問の進め方について」ご紹介します!!

 

ほとんどの国公立の特徴はセンター5教科7科目で、さらに第二志望などの私立対策もかかせないので、かなり大変だと思います。

しかし、やはりやらなければならないのが先日中村先生も言っていた「第一志望は10年分×3周解く」ことです。

かなり多い・・・と思いましたか?でも過去問の演習量の差は合否に直結していきます。

私は第一志望は東工大で、第二志望は早稲田でした。東工大は10年分×3周して合格できましたが、早稲田はそれが出来ずに不合格でした。これは稀ではなく、よくあることだと思います。

受験は「頭が良くなれば第一志望に受かる」というものではありません。

もちろん学力向上は必須ですが、「志望校対策」をしているか否かで点数はぐっと変わってきます。

「志望校対策」とは、その大学の出題傾向や問題の癖、点数の取りどころを抑える事で効率的に合格点に近づけることだと思います。

皆さんは第一志望の出題傾向を知っていますか?

私は志望校選びは偏差値ではなく、どれだけその大学に行きたいかと、出題傾向が自分のスタイルに合っているかどうかで決めたほうが良いと思っています。

また、国公立は記述型の二次試験が多いので、私は「白紙にキレイな(矛盾のない)解法」を書く事をしていました。

大学の採点者は数多くの回答を見るので、少しでも突っかかる点があれば減点されてしまいます。

逆にキレイな解法であれば完答できなくとも、途中点と多くもらえます。白紙に書くのも本番を意識しての事です。

皆さんは採点をされる時を意識して回答を作成していますか?

 

センター試験対策では、自分に負荷をかけるために理数科目に関しては40分で完答できるようにしていました。

また100点を常に意識して取り組んでいました。

普段何気なく勉強している人は、本番にプレッシャーを感じてしまうと思います。そこで重要なのが、自信だと思います。

自信があれば、「失敗したらどうしよう・・・」ではなく「何点とれるか楽しみ」になってくると思います。

 

志望校対策は、人によって、大学によって変わってくると思います。

同じ志望校の友達や先輩のアドバイスを取り入れて、最高の勉強法を見つけましょう!

 

途中私が投げかけた問いに、皆さんは自信を持って答えられるでしょうか。

センター試験、二次試験本番まで、もう余裕はありません。夏の勉強量を落とさずに、最後まで人生で一番頑張ったと思える受験生活にしましょう!

 

東進では9月に難関・有名大本番レベル記述模試、10月にはセンターレベル模試である全国統一高校生テストを実施しています!

模試は学力のステップアップのきっかけの一つです。受けて、復習して、レベルアップ。理想的なステップアップで志望校合格を実現させましょう!

難関大本番レベル模試のお申し込みはコチラ

有名大本番レベル模試のお申し込みはコチラ

全国高校生統一テストのお申し込みはコチラ