<併願校の選び方>理系編(国公立・薬学部)【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 11月 22日 <併願校の選び方>理系編(国公立・薬学部)【東進ハイスクール町田校】

 

 

こんにちは!
町田校担任助手の國分茉莉花です。
現在、慶應義塾大学薬学部薬学科に通っています!

 

大学では11/23~26に行われる三田祭の準備の真っ最中です!慶應志望の皆さん、まだ大学の学祭に行ったことのない方、是非遊びにいらしてください。

 

ところで、受験生のみなさん、先日渡された受験カレンダーは書き終わりましたか?
東進だけではなく、学校でも同じように受験カレンダーを作っている人もいるかもしれません。
そこで、本日は私の受験スケジュールについてご紹介したいと思います。

 

 

まず最初に以下が私の受験した大学です。
<センター利用>
・明治薬科大学【薬学科】
・星薬科大学【薬学科】
・北里大学【薬学部薬学科】

 

<一般試験>(受験日順※日付は昨年のものです)
・1/30東京薬科大学【女子部・薬学科】
・2/1 北里大学【薬学部薬学科】
・2/2 星薬科大学【薬学科】
・2/10慶應義塾大学【薬学部薬学科】
・2/25大阪大学【薬学部薬学科】
・3/8名古屋市立大学【薬学部薬学科】

 

先日行われた「受験校決定のいろは」に参加された町田校のみなさんは「あれ?センター利用型と一般試験で同じところを受けているぞ?」「この人薬学部薬学科しか受けてないぞ?」と思ったかもしれません。

 

自分も受験スケジュールを組む際、同じ薬関係を扱う理工学部を併願しようか迷いました。
しかし、私の夢は薬剤師になること。そのためには、薬学部を卒業し、国家試験の受験資格を得なければなりません。
同じ薬学部志望でも、化粧関係を研究したい人は化学系の他学部を併願する場合があります。

 

つまり!自分が本当にやりたいことはどの大学/学部で出来るのか?、これを把握しておくことが大切なのです。

 

やりたい事の専門性が高ければ高いほど、受験する大学の数は限られてくるかもしれません。(私は正にそのパターンでした)
そこで同じ大学にセンター利用型と一般型の2種類で出願して少しでも合格の確率を上げるという戦略を取りました。
ちなみに、本田先生は別の戦略を取られたようです。要チェックです!→(URL:http://www.toshin-machida.com/%e3%80%88%e5%a0%b4%e6%95%b0%e3%82%92%e8%b8%8f%e3%82%80%e3%80%89%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e7%b3%bb%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%ae%e4%bd%b5%e9%a1%98%e6%a0%a1%e3%80%90%e6%9d%b1%e9%80%b2/)

 

また、国公立薬学部薬学科はかなり狭き門…(大阪大学の合格者はなんと19人)自分のメンタルの事を考えると、どうしても慶應義塾大学の合格は取っておきたかった(合格発表が国立の直前のため)ので、前の受験から少し日を空け、しっかりと対策をして受けられるように日程を組みました。

 

 

受験日程は大変重要なものになってきます。まだ受験のことも分からないのに進路を決められない、、、そう思った方は是非東進ハイスクール町田校にいらして下さい!

 

受験を経験した私たちスタッフが皆さんの相談に乗ります。

また現在、東進ハイスクールでは冬季特別招待講習を行なっています。
今お申込みいただいた方は、最大で3講座(1講座90分×5コマ)を無料で受けることが可能です!

この冬、東進ハイスクール町田校で勉強のスタートを切りましょう!!!
お申込みはこちら▽