<併願校の選び方>併願校で重視したこと【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 11月 23日 <併願校の選び方>併願校で重視したこと【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!


町田校担任助手1年の 黒田です。
現在私は中央大学 理工学部 経営システム工学科に通っています。

 

先日、永井先生が中央大学の多摩キャンパスについて紹介していましたが、

理工学部は後楽園にキャンパスがあります!

 

上の写真は先日撮った、大学の校舎からの景色です。

東京ドーム、東京ドームシティのジェットコースターが

見えるところが気に入っています!

 

入学して約8ヶ月になり、中央大学の魅力をたくさん見つけ

学校に行くのが楽しいのですが、


実は…、中央大学は私の第1志望校ではありませんでした!


つまり、中央大学は併願校として受験し、

第1志望校は早稲田大学の教育学部でした。

 

というわけで、今回は併願校の選び方についてお話ししたいと思います!


(ちなみに、私は併願校として、中央大学のほかに、

東京理科大学、青山学院大学、東京都市大学を受験しました。)

 

 

①センター利用入試と得意科目を活かす!

センター利用入試とは、センター試験の点数だけで合否が決定されます。
また、理系の学部でもセンター試験の国語を使う大学もあります。
例えば、中央大学の理工学部のセンター利用入試は、国語の現代文も試験科目になっています。


私は、理系でしたがセンター試験の国語の現代文が得意科目であったので、

中央大学のセンター利用入試を出願しました。

また、国語が試験科目に含まれていない、青山学院大学もセンター利用入試を受けました。

 

センター利用入試の結果は…、


科目に国語がある中央大学に合格

国語がない青山学院大学は不合格でした。


私の場合、この結果から、国語が入試科目そうでないかが

合否を分けた一つの要因だったのではないかと思います。


なので、みなさんも早めにセンター利用入試では

何の科目が必要なのか調べ、自分の得意科目を活かしてください!

 

 

 

②行きたい学部・学科のある大学を選ぶ

私が受験した学科は、
東京理科大学→経営工学科
中央大学→経営システム工学科
青山学院大学→経営システム工学科
東京都市大学→経営システム工学科 でした。


ご覧の通り、経営システム工学科もしくは、経営工学科があるということを

一番に考えて併願校を選びました。


この学科を選んだ理由は、中央大学のオープンキャンパスで

経営システム工学科の研究室を見た時におもしろいと思い、

もっと詳しく学んでみたい!と思ったからです。

 


自分が興味あることを深く学べる学部や学科が

ある併願校を選ぶのは大事な事だと思います!

 


行く気のない大学よりも行きたい大学の試験を解いている方が

やる気が出るし、入試期間中も行きたい大学の試験を解き続けることで

最後まで頑張りきることが出来ると思います!

 

 

 

最後に、私が受験生の時に一番大事にしていたことは、

「たとえどんな結果でも後悔のない受験勉強をする」ということです。


受験がすべて終わったときに「ちゃんとやり切った!」と

胸を張って言えるようにしようと思い、

モチベーションを保ち続け、最後まで頑張ることが出来ました。

 

 

ぜひ、みなさんにも最後まで頑張るという受験をしてほしいなと思います!

そんな受験勉強をするためにオススメなのが…


現在、東進ハイスクールで行っている、冬季特別招待講習です!


今なら1コマ90分×5回の1講座をなんと最大3講座まで無料で受けることができます。


また、講座を受けることだけでなく、スタッフと大学の話や勉強の相談もすることができます!

 

詳しくはこちらをクリック


町田校でお待ちしております!