<志望理由>社会情報学部【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2017年 12月 17日 <志望理由>社会情報学部【東進HS町田校】

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田校の佐藤優成です。
私は青山学院大学社会情報学部に通っています。

今回は私が自分の学部をなぜ選んだかについてお話ししたいと思います。
今日まで6人の担任助手が自分の学部、また夢について語ってくれました。
気になる方はぜひチェックしてみてください!!

社会情報学部って?

さて、先ほども述べた通り、私は社会情報学部に通っています!
「社会情報学部ってなんだ??」
そう思った方も多いと思います。

簡単に言うと、文理の枠を超えた学びができる学部であります!

様々な要素が複雑に絡みあう現代社会で、文系と理系どちらかの力しか持っていない人は活躍できませんよね!?
社会情報学部では幅広い範囲を勉強することができ、たくさんの授業が設置されています!
心理学、コミュニケーション学、

経済学、社会学、情報科学、数理科学など…
これらのほかにもたくさんあります!
様々な学問を学び、社会の問題を解決していこうというコンセプトが、この学部の特徴と言えます!
授業も個性的なものが多いので、とても楽しく通っています。

選んだ理由

さて、本題に入りましょう。
なぜ私がこの学部を選んだか?
それは、数学の教員免許がとれるからです!
高校生の時の私は、高校の先生になりたいと思っていました。
そのため、教職課程があって教員免許がとれる大学を受けることにしました。
高校の先生は、教員免許がないとなることはできません。
高校や中学校の先生になりたかったり、何か資格を取る必要がある職業に就いたりしたい人は、その大学・学部が資格を取れるのか、もしくはそのサポートをしてくれるのかをしっかり調べて志望校を決めてほしいと思います!

そんなわけで私は当初、「文理の枠を超えた学習をして、社会の問題を解決したい」と思っていたわけではなく、単純に「高校の先生になりたい」と思っていたので、この学部に決めました。

他の担任助手のみなさんも言っていたように、

自分の夢や目標にマッチした大学・学部を選ぶことが重要ですね!

夢について

さて、では私の夢は今でも「高校の先生」かというと…
実は違います!

「えっ、そのために入ったんでしょ??」


と思うかもしれませんが、夢が変わりました。

今は、「IT技術で社会をよくしたい!」と思っています!

この夢は高校生のときには思いつかなかった夢です。
いろいろな分野に興味を持って勉強した結果、新しい夢が生まれました!

夢をすでに持っている人は、ぜひその夢を大切にしてほしいと思います。
しかし、夢がまだ見つからないという人もいますよね?
自分には夢がなくて不安だ…と思っている人もいるかもしれません。

そんな方に向けて、アドバイスをさせていただきます。

アドバイス

 

夢について真剣に考えてみる

当たり前じゃん、と思うかもしれませんが
夢について真剣に考えたことはありますか??

将来自分が何をやりたいか、今自分は何に興味があるかという
大まかなところだけでも考えてみてください。
真剣に考えることで何か見えてくるものがあるかもしれません。

また、すでに夢がある方も思考停止せずに自分の将来について考えてみてください!
私のように、夢が変わることがあるかもしれません!

東進ハイスクール町田校は夢や目標に向かって頑張る高校生を応援しています。

その一環として、現在冬期特別招待講習を行っています。

夢に向かって本気でがんばりたい高校生の皆さん、お待ちしております。

お申し込みは、こちらから!↓