<早期スタートを東進で!>学習のペースをつくろう | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 12月 21日 <早期スタートを東進で!>学習のペースをつくろう

こんにちは!慶應義塾大学経済学部の井上です。

高校生の皆さんは、そろそろ冬休みがスタートしていますね!
ちなみに、私の大学もあと1週間ほどで冬休みになります!
短い冬休みですが、新たな年を迎えるということもあって、
今までの振り返りや新しいことを始めるには絶好のタイミングですよね!

そんな皆さんに読んでほしいのが、、、
今週のブログテーマ
早くから塾に入ってよかったこと
です!

新学期から塾に入ろうと思っている人、
今週のブログを読むとさらにやる気が出ます!
塾に入ろうかな〜と迷っている人、そんなに早くから塾に入って何するの?と思っている人、
ぜひぜひ読んでください!

今回は、私が思う「早くから塾に入るメリット」です!

1. 学習のペースメーカーに!
皆さんは、大学受験に向けて、各教科の勉強を進めていきますよね。
その中で「これは独学でやろう」と思っている教科はありますか?
もしあるなら、順調に学習は進んでいますか?
私の経験上、独学で入試レベルまで仕上げるには、相当の計画性と実行力がないと難しいです。
もちろん自学自習は大切ですが、入試本番までの時間には限りがありますし、
国公立大学志望であれば、勉強すべき科目数も多いですよね。

自分でやっていると、そもそもどこから始めたらいいの?
いつまでに、どこまで完成させればいいの?
などペースが掴みにくいこともあるはずです。
やはり、最短ルートで入試レベルまで完成させたい…!!
それなら、各教科の重要なポイントが押さえてある塾の授業をうまく活用すること!

私は国公立文系で、勉強すべき科目数も多かったのですが、全ての教科を同じくらいのレベルに仕上げることに苦労しました。
もともと得意な科目は勉強するのも楽しいですが、
苦手科目や手を付けていない科目は、「やらないきゃいけない」と思ってはいるものの後回しにしていました。
しかし、いま思えば、早く塾に入り、
塾の授業をペースメーカーにして、コツコツ進めておくこともできたと思います。
そして、授業で重要ポイントを効率良くインプットするだけでなく、
復習や問題演習なども授業に合わせて行うことで、自然と学習を進めるペースもできてきます。

2. 主要教科が早期に完成する
これについては先日の渡邉先生のブログに詳しく書いてあるので、
ぜひ読んでほしいと思います!
主要教科の早期完成は、本当に、大学受験のカギを握っています。

これが、私の経験も踏まえた「早くから塾に入るメリット」です。
大学受験に限らず、直前で焦るより早く始めた方が、可能性も広がります!

少しでも「塾に行ってみようかな」と思った人は、ぜひ冬期特別招待講習にもお申し込みください!

12月23日(土)までのお申し込みで東進の授業を無料で1講座体験できます!!